安全装備はもちろん「運転しやすい」からより安全! 高齢の親が運転するなら選んでほしい5ナンバー車3台 (2/2ページ)

日産ノート

 2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞の日産ノートも高齢者ドライバーに優しい5ナンバーサイズのコンパクトカーだ。

【関連記事】近所のお買い物だけなら文句ナシ! 高齢者こそ手軽に乗れる軽EVがオススメな理由とは

日産ノート画像はこちら

 パワートレインはハイブリッドのe-POWERのみとなり、高齢者の財布にやさしい燃費性能に優れるほか、ドライブモードによってワンペダル走行も可能。ブレーキペダルを頻繁に踏まずに済む点も高齢者の足腰への優しさになる。日産ノート画像はこちら

 加えて、ノートにはプロパイロット、SOSコール、オペレーターサービスなど、先進的な運転支援機能、つながる安心も用意されている。高齢者の親向けにノートを選ぶのであれば、ぜひ、日産コネクトナビを装備し、緊急時の通報はもちろん、走行中のスポット紹介、目的地設定の遠隔操作まで行ってくれるオペレーターサービスを利用できるようにしておきたい。日産ノート画像はこちら

 その安心感は、運転する高齢者本人だけでなく、ドライブに出かけた親を家で待つ家族にとっても絶大なのである。

トヨタ・アクア

 安心を先進機能で支え、燃費性能にも特化したコンパクトカーがHV専用車のトヨタ・アクア。トヨタ・アクア画像はこちら

 その安心機能のひとつが、ヘルプネット。事故や急病時からあおり運転困ったときなど、専門オペレーターにボタンひとつで接続でき、警察への連絡や緊急車両の手配を行ってくれるのだ。

 また、「快適ペダル」も装備し、ドライブモードスイッチをPOWER+にセットすると、いわゆるワンペダル走行も可能。ペダルの踏み替え頻度が減るため、ドライブはより快適かつストレスフリーになりえる。また、先進運転支援機能のトヨタセーフティセンスは交差点での検知にも対応している。トヨタ・アクア画像はこちら

 ぶつからないサポートをしてくれるほか、パーキングサポートブレーキによっては、アクセルの踏み間違いや周囲との衝突などの被害を緩和、低減してくれる。注意が散漫になりがちな高齢者にうってつけの機能と言えるのだ。

 ちなみに、アクアの場合はXグレード以上を選ぶのが基本。それにブラインドスポットモニター+上記のパーキングサポートブレーキをオプションで付けることで、高齢者の親にとってより安心なクルマになる。ブラインドスポットモニターはレーンチェンジのときなど、他車との接触事故を未然に防いでくれる効果があり、これまた高齢者ドライバーの安心を高めてくれる機能となりえるのだ。トヨタ・アクア画像はこちら

 オプション料金は必要なものの、そこをケチってはいけない。Xグレード以上と言ったのは、そうしたオプションが付けられるグレードだからである。

画像ギャラリー