普通車すらカモれる激速っぷり! なつかしの韋駄天軽自動車5選 (1/2ページ)

noteで書く
普通車すらカモれる激速っぷり! なつかしの韋駄天軽自動車5選

この記事をまとめると

  • 最新モデルでは考えられない激速ぶりを誇ったバカッ速軽自動車
  • 64psの馬力自主規制を遙かに超えるハイパワーモデルもあった
  • 草レースでは現役バリバリの俊足ぶりをみせる5モデルを紹介!

競技ベースモデルも続々と登場した’90年代ネオクラ軽自動車たち

 手ごろなボディサイズや維持費のリーズナブルさが影響し、サーキットでも人気が高い軽自動車のスポーツモデル。乗ったことがない人からは「でも軽でしょ?」と侮られがちだが、普通車も顔負けのポテンシャルを秘めたモデルも少なくないのだ。そんなナメてかかると痛い目をに遭いかねない、激速の軽自動車をピックアップしてみよう。

史上最速の軽自動車との呼び声も高かった!
スズキ・アルトワークスR/HB21S型

 まずは旧規格アルトワークスの最終型であるHB21S。約700kgのボディに64psを発揮するK6A型ターボを搭載し、高い戦闘力で生産終了から25年が過ぎようとする現在でも、サーキットの草レースなどで根強い人気を誇っている。また完全な受注生産ではあるものの競技に向けた『アルトワークスR』も存在し、鍛造ピストン/ハイカム/ハイフロータービン/専用ECUなどで実測80ps、クロスミッションまで装備し「史上最速の軽自動車」との呼び声も高い。ただし台数は100にも満たないと言われており、現車を見る機会すらほとんどないのが実情だ。

【関連記事】なぜジュリア人気が沸騰しているのか? 楽しさしかない輸入旧車ライフをオーナーに直撃

スズキ・アルトワークスR画像はこちら

ラリーやダートラで誇り高き戦績を残す!
スバル・ヴィヴィオ/KK4型

 過給器の付いた旧規格ではスバル・ヴィヴィオRX-Rも激速を誇った1台だ。搭載する4気筒のEN07型エンジンにはスーパーチャージャーを組み合わせ、豊かな低速トルクを活かし軽量なボディを力強く加速させた。加えてライバルにはない4輪独立懸架サスペンションが高い路面追従性を発揮し、サーキットはもちろんラリーやダートトライアルでも数々の記録を打ち立てている。なお競技ベースの『RX-RA』はクロスミッションや徹底した軽量化が施され、WRC(世界ラリー選手権)でクラス優勝の座を勝ち取ったことも知られている。スバル・ヴィヴィオRX-R画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー