他人のそら似もココまでくると衝撃! 偶然を疑いたくなるそっくりコンパクトカー6組 (1/2ページ)

他人のそら似もココまでくると衝撃! 偶然を疑いたくなるそっくりコンパクトカー6組

パッケージングやスタイルが似ているクルマを紹介

 似た者同士。人の場合で言えば性格や物の考え方、好み、趣味趣向などが合っている者同士のことをそう言う。古今東西のクルマにも、そういう似たもの同士があった。偶然の産物、意図的な場合、流行、確信犯(!)とケースはさまざまだが、いずれにしても「○○に似てない?」(←語尾を上げて“似てる”の意味)と思わせられるクルマは過去にも決して少なくない。今回はそんな“関係”にある、コンパクト系の車種をランダムに記憶のなかから引っ張り出してみたい。

ダイハツエッセ&ルノー5

 エッセは2005年にダイハツから登場。エコ/シンプル&スマート/イージーをテーマに開発され、中国製のドアガラスの採用など、合理性を追求して作られていた。

【関連記事】5000万円オーバー! バブル期の「小ベンツ」の最終進化系「190Eエボ2」はメーカー純正だった

ダイハツ・エッセ画像はこちら

 いつでも風呂上がりの容姿のようなサッパリとしたスタイルがチャーミングだったが、そのスタイルは往年のルノー5(初代1972年、2代目1984年)を彷彿とさせた。とくに台形のフォルムがそう思わせられる要因で、バンパーの高さから下のプレスラインは、5を知っている人なら、樹脂色の2トーンに塗りたくてウズウズしたのでは?ルノー5画像はこちら

ホンダ・トゥデイ&ルノー・トゥインゴ

 登場順では初代トゥデイ(1985年)のほうが先。3代目ワンダー・シビック(1983年)の3ドアの流れを汲むロングルーフ、低全高、スキー・ゲレンデに例えてピテスフェイスと呼ぶ、ボンネットと広大なフロントガラスが一直線に繋がったデザインなどが特徴で、今井美樹のCMも印象的だった。ホンダ・トゥデイ画像はこちら

 ルノー・トゥインゴは1995年から日本市場に正規導入され、5速MTで139万円の低価格を実現。スライドさせられるリヤシートなど、凝ったデザインと実用性を両立させていた。ルノー・トゥインゴ画像はこちら

ダイハツ・シャレード&ルノー・ルーテシア

 1987年登場の3代目シャレードは、それまでの機能・実用重視のスタイルから“スリーク・マス フォルム”と呼ぶ、ブリスターフェンダーが印象的な塊感のあるスタイルに一新。「さ、ツーサム。」のキャッチコピーで、よりパーソナル色を出したコンパクトカーを打ち出しにしていた。ダイハツ・シャレード画像はこちら

 一方のルノー・ルーテシア(本国名=クリオ)は、日本市場へは1991年から投入されたクルマ。写真のカタログは当時の輸入元だったJAXのもので、5時代からの本革内装のバカラなども用意された。ルノー・ルーテシア画像はこちら