クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 本領発揮はサーキット! NISMOのRB26DETT用最新メニュー「R3エンジン」を独占試乗
CUSTOM
share:

本領発揮はサーキット! NISMOのRB26DETT用最新メニュー「R3エンジン」を独占試乗

投稿日:

TEXT: GT-R Magazine 野田航也 PHOTO: GT-R Magazine

  • R3エンジン搭載のZ-tuneプロト走行シーン

  • R3ターボ

    ターボは従来のR1から新作のR3ターボにアップデート

  • R3ターボ
  • R35インジェクター
  • R3エンジンのオーナメント
  • チタン仕様のニスモ製マフラー
  • ニスモ製インタークーラー
  • R3ターボ
  • R35インジェクター&エアフロキット
  • ニスモ製インタークーラー
  • R3エンジン搭載のZ-tuneプロト走行シーン
  • 搭載済みのR3エンジン
  • 高速道路での試乗風景
  • R3エンジンのベンチテスト風景
  • R3エンジン試乗中
  • R3エンジンのエンジン特性グラフ
  • R4エンジン
  • R3エンジン搭載のZ-tuneプロト走行シーン

珠玉の「NISMO R3エンジン」を公道で初試乗!

 平成元(1989)年の登場から30年以上を過ぎても、第2世代のスカイラインGT-R専用エンジン「RB26DETT」の実力はまだまだ一線級だ。直列6気筒ならではのスムーズなフィールとツインターボによる鋭い吹け上がりは、今もGT-Rファンのハートを鷲掴みにしている。日産ワークス『NISMO』が仕立てた最新メニュー「R3エンジン」はどんな世界を見せてくれるか? どこよりも早く『GT-R Magazine』がR3エンジン搭載車に公道で試乗することができたので、そのファーストインプレッションをお届けしたい。

(初出:GT-R Magazine 163号)

搭載済みのR3エンジン

正常進化型「R3」はワークスの技とプライドの結晶

「GT-R Magazine」が試作のテスト段階からその動向を追い掛けてきた『NISMO(ニスモ)』のRB26DETT新メニュー「R3エンジン」。令和3(2021)年12月17日より正式にリリースされ、発売直後から受注も好調とのことだ。

 平成13(2001)年、NISMOの熟練メカニックの手による高精度バランス取りやポート研磨などを施したRB26「R1」が登場。新品エンジンベースのコンプリートのほか、ユーザーのエンジンをリフレッシュした上でR1のメニューを施工することも可能であった。現在市場で主流となっているリフレッシュを兼ねてステップアップするエンジンオーバーホールの先駆けが、NISMO R1だったと言えるかもしれない。

 その内容は、R34純正N1ターボをベースとしたR1ターボや純正N1ブロック/ピストンなどを採用し、サーキット走行までカバーする高性能なエンジンメニューとして人気を博した。平成23(2011)年には、専用カムシャフトやR35純正インジェクターなどを新採用した「R2」へとリニューアルしている。

 そして今回、最新版の「R3」へと進化を果たした形だ。最大のトピックは従来のR1ターボ(R34純正N1ターボ+強化アクチュエータ)に代わり、NISMOオリジナル仕様のR3ターボが採用された点である。ボールベアリング式である点は共通ながら、従来型とはコンプレッサーや羽根の形状が異なっており、R2のピークパワーをキープしたまま低中回転域のトルク向上を実現。インジェクターに加えてエアフロメーターもR35純正とすることで、よりキメ細かいECM(エンジン・コントロール・モジュール)セッティングも施されている。

完成したエンジンはベンチで慣らしを経てから車両に搭載!

 NISMOのエンジンメニューのスペック(最高出力および最大トルク)はS2/R2以降公表されていないが、初代のR1が最高出力=450psを謳っていたことから、進化版のR3の実力も自ずとイメージできるはずだ。ストリートでも安心して長く乗れるハイエンドレベルにあると想像できる。イタズラに数字を追い求めるのではなく、施工後1年間または1万kmの保証が適用される点もメーカーならではと言えるだろう。

 これまでに1000基以上のエンジンを組み上げてきた、実績のある大森ファクトリーの専任メカニックが精密に組み上げるRB26は性能にバラツキがない。誰が組んでも同じ性能が出せるようにメカニックの作業スキルのクオリティがコントロールされていることに加え、組み上がったエンジンはすべて社内のエンジンベンチ室で初期ラッピングと動作および性能確認を実施。性能的な個体差(バラツキ)がなく、初期の慣らし運転の必要がないという点もNISMO製エンジンの強みである。

 R3エンジンの販売価格はベアエンジンベースで548万4630円~(部品代+工賃)。ただし、現在はRB26のベアエンジン入手に2~3年もの期間を要するということで、ほとんどのユーザーは自身の車両のエンジンをベースに分解リフレッシュをした上でR3エンジンメニューを施工するとのこと。ベースエンジンの状態により価格は変動するが、概ねベアエンジンベースでの販売価格に近いということだ。

R3エンジンのラッピング風景

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS