R32「スカイラインGT-R」の800馬力オーバーで見えたこととは? 「アートテック花塚」が語る「ターボ車だからこそハードに仕立てなければ意味がない」 (1/2ページ)

R32「スカイラインGT-R」の800馬力オーバーで見えたこととは? 「アートテック花塚」が語る「ターボ車だからこそハードに仕立てなければ意味がない」

チューナーの心に残る厳選の1台を語る【アートテック花塚 花塚芳美代表】

 物心がついたころにはさまざまな乗り物に囲まれていて、しかもクルマをイジるための工具も揃っていた。恵まれた環境で育ったのだからチューナーになるのは自然な流れではあるが、その後に努力したから継続できている。そんな花塚代表の思い出のクルマは今も元気に激走する。

(初出:GT-R Magazine 149号)

チューニングについては雑誌や整備解説書から得る

 昭和30年代初頭、栃木ではまだクルマが珍しい乗り物だったころ、いち早くオート三輪を手に入れ活用していたのが『アートテック花塚』を取り仕切る花塚芳美代表の父親だ。

 土木業との兼業農家を営んでいた花塚代表の実家は、トラクターやユンボ、それにブルドーザーといった作業用の車両を20台以上も所有。しかもそれらをメンテナンスする場所まであり、工具はもちろんコンプレッサーや溶接機、さらには塗装用のツールまで揃えていた。

 そんな環境で育った花塚代表は、4歳で怒られながらも原付きのスクーターで遊び始め、6歳になるとカブのロータリー式トランスミッションが操れるようになる。すでに10歳でマニュアル車を乗りこなし、中学生の夏休みには作業現場の敷地内で4tトラックを使って砂利運びの手伝いをしていたという豪快な少年だった。

「物心ついたころからオモチャの乗り物ではなく、実際の乗り物で遊んでいました。クルマはあるのが当たり前の道具だったのです。当時、父親からは『これからはクルマの時代だ』と叩き込まれていました。今の仕事についているのは少なからずその言葉も影響していると思います。それと『金がなくても軽には乗るな』と言われていたのも印象に残っています。今と違って昔の軽自動車はペラペラで危なかったですからね」

【関連記事】初心者にオススメのタイムアップの秘策をお教えします! 肝心なのは「ブレーキ」と「タイヤ」選び

花塚代表画像はこちら

見様見真似でS30Zのドラッグマシンを作成

 地元の多くの先輩がチューニングカーに乗っていたので、チューニングがとても身近だった花塚代表は、中学生のころから先輩に頼まれて「失敗しても文句を言わない」約束で、実家にある道具を使ってスプリングをカットして車高短を作っていた。

 クルマの免許を取る前からチューニング雑誌を読みあさり、予備知識を仕入れていた。クルマを手に入れたらすぐにチューニングを楽しむためだ。高校卒業後は実家の仕事を手伝っていた花塚代表は、免許を取得してすぐに430のグロリアターボをゲット。その3カ月後にチューニング用として15万円でS30のフェアレディZも購入した。

「430は快適性を重視。そのぶん、S30はガッツリと手を入れました。レース車両にも対応してくれる知り合いの整備工場に依頼して、ZのL型を3.1Lのメカ仕様にしたのです」

 このクルマで花塚代表は雑誌社が主催するゼロヨン大会に若葉マークを付けて参戦。記録は14秒台だった。そのころからチューニング雑誌ばかりでなく、整備解説書なども熟読してチューニングを独学で本格的に学んでいった。

 23歳のときに知り合いに頼まれてS30ベースのドラッグマシンを見様見真似で製作。リヤのサスペンションはセミトレの独立式からホーシングを使った4リンクのリジット式に変更し、パイプフレームで仕立てる。フロント側はストラットの前をそっくりとカットして軽量化を図る。エンジンは3.1LでTO4Bを2機掛けして430psをマーク。現物合わせで作った割にはゼロヨン10秒台という立派な結果を残した。

 その噂を聞きつけてチューニングの依頼が増え始めた。それまでは昼は実家の仕事を手伝って、夜に仲間や自分のクルマをイジっていたが、夜だけではこなしきれなくなり26歳でチューニング1本で勝負することを決断。こうしてアートテック花塚が誕生した。

RBエンジンの実力の高さに驚いた

 L型メインでやってきた花塚代表はZ31でRB20エンジンに携わり、その素性の良さを実感。ロッカーアームを介してカムの動きをバルブに伝えるL型は、動きを伝える面積が小さくて、常に同じ部分が押されることになり油膜切れが起こりやすい。

 一方でRBはバルブに取り付けられたリフターをカムが押している。リフターは面積が広く熱処理もされていて、しかも押される度に動いているので負担がとても少ない。さらにL型に対してRBは一体成型で剛性を上げている。またRBのブロックはリブを設けて補強も抜かりない。花塚代表が創意工夫を駆使してL型で手を入れていた項目がRBではことごとく対策されていた。さらにそのエンジンを進化させたRB26DETTに興味は尽きない。

 平成2年にR32ニスモの抽選に外れ、標準車を手に入れた。そのクルマではハードなチューニングをすることなく1年半で売却。本格的なチューニングは先輩のR32を使わせてもらった。このクルマをイジるようになってコンピュータの重要性に気付き、制御系を猛勉強。パソコンからロムスコープやロムライター、それに空燃比計など機材代に150万円近くつぎ込んだ。パソコンとは無縁だった花塚代表は流石に独学では無理だと察して『緑整備センター』の内永 豊代表に教えを乞うた。