クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 「ウルス ペルフォルマンテ」の「ダークパッケージ」がヤバいくらいにクール! フェラーリ「プロサングエ」を迎え撃つ準備はできた
カーライフ
share:

「ウルス ペルフォルマンテ」の「ダークパッケージ」がヤバいくらいにクール! フェラーリ「プロサングエ」を迎え撃つ準備はできた

投稿日:

TEXT: 武田公実 PHOTO: 神村 聖

  • フロントに大型エアロスプリッターを装着するなど、エアロダイナミクスにも広範囲にわたるチューニングが施された

「ウルス ペルフォルマンテ」日本デビュー

 ランボルギーニの新星「ウルス ペルフォルマンテ」は、2022年8月22日にオフィシャルフォトとモデル概要に関する情報がオンラインでリリースされたのち、日本では11月11日に東京都内で開催された「ランボルギーニ・デイ・ジャパン2022」会場において、実車が初めて公開された。

パワーアップと軽量化

 もともと「ペルフォルマンテ」のペットネームは、「ウラカン」AWDモデルをベースにパワーアップと軽量化を果たしたハードコアバージョンに与えられたもの。その名のとおり、ウルスでも「ペルフォマンテ」の方法論にしたがった精緻なチューニングが施されている。

 まずは軽量化について。エンジンカウルや前後のホイールアーチ、リヤスポイラー、リヤディフューザーなどをカーボンファイバー製とすることで47kgの減量に成功したとのことである。加えて、オプションでルーフもカーボンファイバー製に置き換えることができるという。

 ウラカン ペルフォマンテがスタンダードモデルから40kgの減量を果たしていたのに対して、ウルス ペルフォマンテでは同等以上の軽量化に成功したことになる。

 また、フロントに大型エアロスプリッターを装着するなど、エアロダイナミクスにも広範囲にわたるチューニングが施され、車両全体で最大ダウンフォース量が8%向上したほか、シャシーについてもトレッドを16mm拡大し、車高を20mm低めることで、よりハイスピード志向とされている。

 いっぽう、パドルシフトによるマニュアル操作も可能な8速トルクコンバータ式ATを介して4輪を駆動するパワートレーンは、V型8気筒クアッドカム4リッターに、2基のターボチャージャーを組み合わせたもの。つまり、基本的な成り立ちはスタンダードのウルスと同じなのだが、ペルフォマンテでは16psアップに相当する最高出力666ps(490kW)/6000rpm、最大トルク850Nm/2300-4500rpmを発揮することになった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS