クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 「押してはいけない」VW新型「ゴルフR」のスイッチとは? プロドライバーが腰を抜かしかけるほどの取扱注意物件でした
CAR
share:

「押してはいけない」VW新型「ゴルフR」のスイッチとは? プロドライバーが腰を抜かしかけるほどの取扱注意物件でした

投稿日:

TEXT: 木下隆之(KINOSHITA Takayuki)  PHOTO: 神村 聖

最新・最強のVW謹製ハッチバックを公道で試す

 フォルクスワーゲンの主力ハッチバック「ゴルフ」は現在第8世代。日本市場では2021年6月にゴルフ8がデビューし、ホットバージョンの「ゴルフGTI」が同年12月に追加された。そして2022年10月に4WDの最強仕様「ゴルフR」がついに上陸。最新にして最強のゴルフの走りを検証していこう。

第一印象は「どーしちゃったの?」と思えるほどおとなしい

 新型ゴルフRは、ゴルフ史上最強のパワーを誇る。搭載するエンジンは直列4気筒インタークーラーターボであり、最高出力320psと、最大トルク420Nmを絞り出す。先代に比較して10psの馬力と20Nmのトルクを上乗せしている。ハイブリッドなどではなく、純粋な内燃機関。史上最速ということはつまり、超激辛の加速度を披露するのだ。

 だがしかし、ステアリングを握ってゆるゆると走らせると、そんな期待は完全に裏切られる。排気サウンドは、わずかに獰猛な気配がするだけで、ごうごうと唸りをあげることもない。低回転域の図太いサウンドを静かに路面に落とすだけで、過激な気配は皆無なのである。

 乗り心地も優しい。路面の凹凸を優しくいなす。それでも先代に比較して、スタビライザーの剛性を10%高めている。車高を10mm下げている。その数字を聞けば、やる気のホットハッチを連想する。だが予想は完全に裏切られるのだ。

 そういえば、外観も期待するほど過激ではなかった。前後左右の「R」のエンブレムが誇らしげに貼られている以外にR専用の武装は、1インチアップの18インチブレーキがホイールから覗く程度。背後にはR専用の4本出しテールパイプが威圧するものの、それが発するサウンドは紳士的だ。ピアノブラックのディフューザーと、マットカラーのサイドミラーぐらいがRらしいところだろうか。それ以外に過激さは一切ない。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS