クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • NATSがダットサン「ブルーバード」をホットロッドに! ベースの旧車はなんと教師のクルマでした
CUSTOM
share:

NATSがダットサン「ブルーバード」をホットロッドに! ベースの旧車はなんと教師のクルマでした

投稿日:

TEXT: 青木邦敏  PHOTO: 青木邦敏

  • 学校に放置され、朽ち果てる寸前だった「ブルーバード(P411型)」

毎年話題となるNATSの旧車カスタム

 新時代を切り開くクルマ好きの若者たちが通う千葉県の日本自動車大学校(通称NATS)。そこに通うカスタム科の生徒たちが東京オートサロン2023に向けて作ったクルマが話題だ。

 各班ごとに分かれて手掛ける個性的なマシンの中で、今回紹介するダットサン「ブルーバード(P411型)」は、古いクルマを使ってカスタムをしたいと考えるメンバーたちが集まって作った1台だった。

先生のクルマをカスタムのベースに

 学校から支給される予算は100万円までと決まっている。その範囲内でベース車を探し、カスタムに必要な材料やパーツを揃えなければならない。だが、現在の旧車市場の高騰を考えると、カスタムどころかクルマすら買える状況ではない。また、貴重な旧車を協賛してくれるショップも期待できない。さすがに古いクルマのカスタムは難しいのではという意見も出たそうだ。

 そんな時、学校に放置され、朽ち果てる寸前だった旧車を発見。その持ち主を調べると、なんと先生であることが判明。そこでメンバーたちは「もうコレしかない」と、レストアして蘇らせるので車両を提供してもらいたいと先生に直談判。その熱意に押されて、先生は貴重な411ブルーバードを生徒たちに託したというわけである。ひょっとしたらこの話、その先生にとって渡りに船だったのかもしれない……。

 まず、生徒たちが最初に取り組んだのはボロボロの車両を復元するフルレストア作業だ。シャシーも傷み、下まわりを触るだけでボロボロと剥がれ落ちるほどだったフェンダーをすべて外し、車体をドンガラ状態にしてから使える部品を確認。エンジン、トランスミッション、サスペンションについても詳しくチェックした上で分解し、修復作業を行った。

 そしてようやく、まともに走ることも困難だった411ブルーバードをどうにか修復。ボディこそ傷みが酷かったが、それ以外は何とか使えたのが救いだったそうだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS