クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「ヴォクシー」の限界ツライチに挑戦! ファミリーカーでも本気で攻められることを「クールレーシング」が証明しました
CUSTOM
share:

トヨタ「ヴォクシー」の限界ツライチに挑戦! ファミリーカーでも本気で攻められることを「クールレーシング」が証明しました

投稿日:

TEXT: WAGONIST編集部  PHOTO: みやたかつみち

  • ヴォクシー

  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー
  • ヴォクシー

超薄型スポイラーにボディ同色カバーを装着!

インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2023」は、フルスペックでの開催となり、超盛り上がっていた。その熱い会場内で見つけた「クールレーシングの90ヴォクシー」を紹介しよう。

クールレーシングといえば、ミニバンやSUVからスーパーカーまで幅広い製品ラインアップをもち、その製品装着した新車をコンプリートカーとして販売することで人気が高まったブランド。栃木から福岡まで全国7店舗でコンプリートカーが販売されている。

前後ともシンプルなオーバーフェンダーをセット!

今回紹介する90ヴォクシーは、クールレーシングのなかでもシンプル系のブランドである「クルーズ・バイ・クールレーシング」からリリースされたコンプリートカーだ。厚さ10mmのフラップスポイラーを軸に、純正のグリルのメッキ枠はABS樹脂のボディ同色カバーを貼付けてスマートなイメージに。そしてリアはディフューザーを備えてシンプルながらも存在感あるスタイルに魅せている。

と、ここまで眺めると巷に良くあるコンプリートカーに見えるかもしれないが、じつはこのクルマ、足まわりにもこだわっているのがポイント。前後ともオーバーフェンダーが装着されていて、出幅は車検対応内の9mm、フェンダーアーチは下側に10mmダウンできるのが特徴だ。

90ヴォクシーにおいては純正フェンダーであれば19&20インチのどちらにおいても8.0Jインセット40あたりが適切なサイズだが、このフェンダーを装着すると19&20インチのどちらにおいても8.0Jインセット33まで入れ込むことが可能となっている。

リム幅自体はノーマルフェンダー時と変わらず8.0Jを採用しているが、インセットがさらに7mm深いサイズが履ける計算というワケだ。90ヴォクシーの先代モデルである80ノア3兄弟では19&20インチのどちらも7.5Jインセット45あたりが最深サイズとなるため、90ヴォクシーのほうがさらにリムがディープなホイールを履くことができ、このフェンダーを装着すればさらに攻めれるというワケだ。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS