クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 女子学生提案「海辺」に似合うスカイブルーの「ネオフェアレディ」のベースは? 日産「K11マーチコンバーチブル」でした
CUSTOM
share:

女子学生提案「海辺」に似合うスカイブルーの「ネオフェアレディ」のベースは? 日産「K11マーチコンバーチブル」でした

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

「OAM2023」日産京都自動車大学校の作品は「フェアレディ」がテーマ

「ネオフェアレディ」をコンセプトに製作されたクルマの正体は懐かしの日産「K11マーチカブリオレ」だった。このクルマは日産京都自動車大学校のカスタマイズ科の生徒13名が集まって製作。実はもう1台のムラーノベースの「フェアレディX」と製作は同時進行で行われたそうだ。

ベースは「K11マーチコンバーチブル」

フロントから見ると「SR311フェアレディ」にしか見えない作り込みが印象的なネオフェアレディ。Z世代の間でトレンドになっているレトロ感を車両に取り入れ、昭和の名車を再現しつつ、現代風の要素を取り入れた1台として製作。リゾート感を漂わすオープンスポーツカーでありながらも、走りも楽しめ、見た目以上に面白いクルマを完成させた。

ベースにしたK11マーチコンバーチブルがAT車だったので、まず最初にトランスミッションをMTに載せ換える作業からはじめた。そして、ボディ造形に関しては、たまたまネットでSR311フェアレディのFRP製のボディパーツを発見。すでに手に入らない純正部品だけに、当初は製作が難しいと思っていたそうだが、このパーツのお陰で状況が大きく変わり、K11マーチのSR311フェアレディ化の道筋が出来上がった。

FRP製のボディパーツについては、フロントフェンダー、ボンネット、リアフェンダー、トランクといったパーツを入手することが出来た。

外装パーツが手に入ったと言っても、それをK11マーチに装着するとなれば、やはりそれなりの加工が必要になる。幸いにもFRPパーツは加工もしやすかったので、マウント位置を工夫し、縮めたり伸ばしたりの作業を行い、バランスを考えながらセット。より旧車感を出すために、ハコスカ用のチンスポを追加装着させたのもポイントだ。

また、ヘッドライトについては、本物が旧車ブームの影響によって高値で取引されているので、似たようなサイズの電球タイプ丸ライトを探し装着。セットしたのはプラド用のヘッドライトということだった。ヘッドライトは他車種からの流用だが、ウインカーはUS日産で扱っていた純正ウインカーがあったのでコレを購入し装着している。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS