クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「スカイラインGT」とのバトルで有名なポルシェ「904」の相場は3億円前後! クラシックカーは個体別の履歴も大切です!
CLASSIC
share:
「スカイラインGT」とのバトルで有名なポルシェ「904」の相場は3億円前後! クラシックカーは個体別の履歴も大切です!

「スカイラインGT」とのバトルで有名なポルシェ「904」の相場は3億円前後! クラシックカーは個体別の履歴も大切です!

投稿日:

TEXT: 塩見 誠(SHIOMI Makoto)  PHOTO: Vecchio

スカイラインに抜かれたことで有名な「904」

ポルシェ「カレラGTS」、通称ポルシェ「904」は、ツーリングカーレースに出場するために開発されたレーシングマシンだ。といっても、純レーシングマシンというわけではなく、アマチュアドライバーがコースまで自走をし、レースを愉しめるマシン、というのが開発コンセプトとなっている。日本では、日本グランプリで1周だけだが「スカイラインGT」がこの904を抜いてトップを走ったということで有名なポルシェである。この伝説的なポルシェの現在のオークションマーケットの市況をレポートしよう。

レースで使用することが前提の「904」

904はそのコンセプトから、クローズドサーキットでのレース参戦を目指す人だけではなく、ラリーやヒルクライムといった公道を使うレースへの出走を目指す人からも高く評価された。

1963年末に発表されるやオーダーが入り、約半年で110台を生産して当時の規定であるGT2クラスのホモロゲーションを取得。さらにその後もオーダーが相次いだため追加生産も行ったといわれている。総生産台数は130台とのことだ。

搭載されているエンジンは、587/3型2L水平対向4気筒がメインで、車体のリアミッドに搭載されている。このエンジンはポルシェ「356」に搭載されていた587/2型を高回転まで回るようにチューニングしたもの。最高出力は180ps、最大トルクは20.5kgmを発生していた。

そのほか、911に搭載されていた901/01型水平対向6気筒エンジンをチューニングした、901/20型エンジンを搭載した904/6が10台、F1用1.5Lエンジンをベースに開発された水平対向8気筒2Lの771型エンジンを搭載した904/8が6台生産されたそうだが、この904/8はワークスマシンとして1964年と1965年のル・マン24時間レースに出場している。

ボディワークはデザインをフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェが担当し、航空機メーカーであるハインケルが製作をおこなっている。シャシーはプレス成型された鋼板を利用したラダーフレーム。ミッドシップレイアウトであることの利点と、重心の変化に弱いという部分をカバーするため、シートはフレームに固定されている。そのかわり、ステアリングにはテレスコピック調整機構を採用。ペダル位置も前後に調整できるようになっていた。

そんな904は1964年のセブリング12時間レースでクラス優勝を飾り、タルガ・フローリオでは1−2フィニッシュを実現。スパフランコルシャン500kmレースやル・マン24時間レースでもクラス優勝を飾っている。同年に開催された第2回日本グランプリのGT-IIクラスで、式場壮吉選手が駆り生沢徹選手のスカイラインGTと競り合った末に優勝を飾ったのも、この904である。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS