クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 35万キロ、2万回開閉、50度の灼熱……厳しいテストをクリアしたメルセデス「SLK」の偏執狂的開発のこだわりとは?
CLASSIC
share:

35万キロ、2万回開閉、50度の灼熱……厳しいテストをクリアしたメルセデス「SLK」の偏執狂的開発のこだわりとは?

投稿日:

TEXT: 妻谷裕二(TSUMATANI Hiroji)  PHOTO: メルセデス・ベンツ/妻谷コレクション

  • SLKのデザインコンセプト

  • ミヒャエル・マウアーさん
  • SLKのデザインコンセプト
  • クラッシュテスト

一切妥協しないクルマづくりがSLKを鍛え上げた

メルセデス・ベンツのコンパクトオープンスポーツカーとして、長年親しまれた「SLK」。晩年は「SLC」と名前を変えたものの、3代までで生産終了となってしまった。メルセデス・ベンツのラインナップのなかでも手の届きやすいモデルだったが、こだわりを投入し開発されている。初代モデルが誕生するまでの過程を紹介していこう。

1996年のトリノでワールドプレミアされた経緯と特徴

SLKの生産モデルは、1996年4月22日にトリノで開催された国際モーターショーで発表された。西ヨーロッパにおける、この市場セグメントの年間自動車登録台数は、1992年の1万1300台から1995年には9万8500台に増加した。

SLKは1990年代と2000年代のオープンカーブームに貢献し、ドイツで折り畳み式ハードトップを備えたベストセラーカーとなった。SLKは若いライフスタイル志向の購入層にアピールしたため、メルセデス・ベンツブランドにとって非常に重要な存在に。振り返ってみると、当時のメルセデス・ベンツ取締役のメンバーであったユルゲン・フーベルト(Jürgen Hubbert)は、「SLK、CLK及びMクラスは、メルセデス・ベンツの新しいイメージに大きく貢献しました」と述べている。

1994年4月にイタリア・トリノでも発表されたSLKの試作研究(スタディモデル)では、ロードスターに対する大衆の欲求を刺激した。デザイナーのミヒャエル・マオアー(Michael Mauer)の作品をベースにしており、後の生産モデルに非常に近いものであった。

ミヒャエルマウアーさん

前後のオーバーハングが短く、ホイールベースは比較的長いマオアーが設計したモデルは、パワードームを備えたボンネットからリアの印象的なエアーフローブレーク・アウェイエッジに至るまで、詳細にわたりそのデザインを際立たせた。

折り畳み式のバリオルーフへのこだわり

クラシックなファブリックトップの代替えとして、SLKの折り畳み式のスチールルーフはロードスターに対する卓越した技術成果であり、高く評価された。

このアイディアは自動車業界にとって全く新しいものではないが、それ以前のいくつかのデザインではルーフ全体がトランクに下げられ、多くのスペースを占めていた。メルセデス・ベンツのエンジニアは、社内で「ねじれのあるトリック」として知られているプロセスでコンセプトに革命をもたらした。つまり、スチールとガラスパネルで作られたルーフは、進行方向に開いたトランクリッドの下に折り返された。これにより、ボディ後端を短くすることができ、ルーフを開けた状態でもラゲッジスペースを確保することができたのだ。

電気油圧システムは、5つの油圧シリンダーによって開閉プロセスを可能にした。量産を開始する前に、30の試作品をそれぞれ2万回開閉する必要があった。これは10年間で計算すると、1日6回ルーフを開閉することに相当する。操作は簡単で、センターコンソールのスイッチを押すだけ。SLKは25秒以内にクーペからロードスターに、またはその逆もしかりだ。

風洞実験、標高3000m以上、気温50℃、走行距離35万kmと厳しい条件でテスト

風洞実験室ではエアロダイナミックのテストを実施。そのほかにさまざまな環境でテスト走行も行われている。スペイン南部、灼熱のグラナダから、標高3392mのピコ・デ・ベレータ山へ駆け上がるワインディングロード。気温50℃、「フライパン」と呼ばれるデスバレーの山岳路。逆に、厳寒のスカンジナビアのテストコース。最悪の路面条件を再現したテキサスのテストコース……。

そして、35万kmもの日常走行に相当するストレスをクルマに与える最新装置や、温度・気象条件を変えられる実験室を備えた開発センター。このように世界各地で行われた多岐にわたる過酷な開発テストを経て、スーパーチャージャー付き2.3L DOHCエンジン、一部マグネシウムを使用した軽量ボディ、そして電動油圧機構で開閉するバリオルーフなど、さまざまなテクノロジーを備えるSLKは鍛えられた。メルセデス・ベンツの革新的といわれる技術がデビューするとき、すでに充分すぎるほどの熟成を遂げて世に送り出されるのが伝統である。

12

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS