クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • なぜ「Z3」「ボクスター」「SLK」は生き残った? ドイツ勢オープン2シーターがマツダ「ロードスター」のマネではなかった独自路線とは
CLASSIC
share:

なぜ「Z3」「ボクスター」「SLK」は生き残った? ドイツ勢オープン2シーターがマツダ「ロードスター」のマネではなかった独自路線とは

投稿日:

TEXT: 島崎 七生人(SHIMAZAKI Naoto)  PHOTO: 島崎 七生人

平成元年の「ユーノス・ロードスター」が巻き起こしたオープン2シーター新時代

 1989年に「ユーノス・ロードスター」(欧州:MX−5、北米:ミアータ)が登場したことが引き金となって、世界中の自動車メーカーが、こぞって新時代のオープン2シーターの量産化に乗り出した。もちろんそれまでもオープン2シーターはいくらでもあり、1950~60年代のイギリスのMG、トライアンフ、ロータスなどのライトウェイト・オープン2シータースポーツカー群は、それらを範としてユーノス・ロードスターが生まれたほどでもあり、古今東西のモデルを語るうえでも欠かせない。

世界的なオープンスポーツブームにドイツ勢も相次ぎ参戦

 ところで年次で追ってみると、ユーノス・ロードスター後の最初のフォロワーとなったのはじつは日本の軽自動車で、ダイハツ「リーザスパイダー」、ホンダ「ビート」、スズキ「カプチーノ」が1991年に登場している。ダイハツの初代「コペン」は少し遅れて2002年、トヨタ「MR-S」は1999年の登場だった。一方で海外の自動車メーカーを見渡すと、「MG F」(1995年)、フィアット「バルケッタ」(1995年)、アルファ ロメオ「スパイダー」(1996年)などが続々と登場、日本市場にも導入された。

 そしてドイツ勢も動いたのだった。その頃のドイツのメーカーというと、まだ今のように迷わずSUVを造るようなムードではなく、どちらかといえば唯我独尊といっては言い過ぎだが、わが道を行く……そんな姿勢をまだ貫いていられた頃だったように思う。ただユーノス・ロードスターが北米市場でも大人気を博したことで、その現象を横目で見ているわけにはいかなかったのだろう。

 1995年から1996年にかけて相次いで登場したのが、ポルシェ「ボクスター」、BMW「Z3」、メルセデス・ベンツ「SLK」の3車だった。

ポルシェ「ボクスター」:6気筒ボクサーをミッドシップ

 駆け足だが順を追って見ていくと、まず1996年に発売されたポルシェ・ボクスターは、本カタログの最初に「100% Porsche」とあり、リアビューの走行シーンから写真は始まる。

 車名は「ボクサー」と「ロードスター」を掛け合わせたもので、肝心のエンジンは水平対向6気筒である点こそ「911」とは同じものの、排気量2480cc(最終的にボクスターSでは3179ccに)のまったくの新設計で、V6より低く直6より前後に短い利を活かして乗員の背中の後ろにミッドシップとしたクルマだった。フロントサスペンションなどは当時の911(996)と共通とし、さらに2004年に2代目となったボクスターをベースにクーペボディの「ケイマン」が2005年に登場した。

BMW「Z3」:クラシックとモダンを融合させたスタイル

 一方1995年に北米でいち早く発売されたBMW Z3は、電動昇降式ドアの「Z1」以来となるオープン2シーターモデルとして登場。メカニカルコンポーネントはE36/第5世代の3シリーズ・コンパクトをベースとしたクルマだったが、さらに元をただせばE30由来。なので(意外にもカタログではことさら触れられていないのだが)リアサスペンションにはE36、E46のセントラルアーム式ではなく、それまでのBMW伝統のセミトレーリングアーム式が採用されていた。

 なおZ3はアメリカ・サウスカロライナ工場で生産された初めてのBMWでもあった(ちなみに2番目は2000年登場の初代「X5」と、Z3の後継車種でもあった「Z4」も初代は同工場で生産された)。全長4035mm×全幅1695mm×全高1275mmと今から思えばずいぶんとコンパクトだったものの、ロングノーズ&ショートデッキのスタイリング自体は、クラシカルさとモダンさを融合させたような大らかな雰囲気のもの。フロントフェンダー左右のエンブレムを配したエアダクト風の意匠は、ごく少量台数だけ生産された往年のロードスター、「507」のオマージュでもあった。

 日本仕様は1996年、BMWジャパン設立15周年のアニバーサリーモデルが最初で、このモデルは1.9L DOHCエンジンを搭載、レザーシート、ウッドパネルなどの特別装備が与えられていた。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS