クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「クラウン」なのに2シーター!? VIPカーの東西王座優勝車のこだわりの内外装ぜんぶ魅せます!
CUSTOM
share:

トヨタ「クラウン」なのに2シーター!? VIPカーの東西王座優勝車のこだわりの内外装ぜんぶ魅せます!

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

誰もが憧れる「DSU杯」優勝

ドレスアップカー乗りが憧れるイベントといえば、東西王座決定戦の名で知られる「DSU杯」だ。各地で開催される予選を勝ち抜いた強者だけが参加できる特別なステージ。この世界の頂点を目指すならば、全国に名声が轟くドレスアップ界の栄冠は誰しもが手にしたいはず。今回紹介する18クラウン乗りの“なおち”さんも、VIPカーの世界を極めるべく、DSU東西王座決定戦を狙って愛車をフルカスタム。創意工夫によって2022年度、見事に名誉ある優勝を勝ち取った。

2022年度の優勝車はクラウン

他人と被らない特別仕様を作り、全国の強者ドレスアップカー乗りが、頂点を目指して競い合うドレスアップ界の祭典「DSU東西王座決定戦」。“なおち”さんの18クラウンは、VIPカー乗りならば誰もが憧れるDSUにおいて総合優勝を果たしたマシンだ。

その道を究めようとするオーナーたちにとっては、DSU優勝マシンともなれば、装着させたパーツ、魅せる工夫、考え方を含め、すべてが興味の対象になるはずだ。

マシン製作のコンセプトは、通常のVIPカーのアプローチではなく、ショーカーとして完成させるために、とにかく魅せる点にこだわり考え抜いたとオーナーは話してくれた。
 
その表現方法は室内を見てもよく伝わる。通常のVIPスタイルなら、乗車定員を犠牲にすることなく作り込む。だが、このクラウンのリアシートは完全に潰して、そこにユニバーサルエアーのエアサスタンクがディスプレイされている。

さらに、イルミネーションタワーをセンターに1本、左右1本ずつマウント。シートは運転席と助手席のみ2シーター化という割り切ったスタイルだ。この車内に設置したタワーとトランク内のオーディオシステムで、強烈な光を放つイルミネーションによってショーカーとしてアピール度が高められている。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS