クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 価格は2240万円! 「911GT3」のエンジンを積んだ「718スパイダーRS」はもはやプアマンズ・ポルシェではありません!
CAR
share:

価格は2240万円! 「911GT3」のエンジンを積んだ「718スパイダーRS」はもはやプアマンズ・ポルシェではありません!

投稿日:

TEXT: iconic  PHOTO: ポルシェジャパン

500psの4リッター6気筒ボクサーエンジンを搭載

ポルシェは2023年5月、「718スパイダー」のさらなるハイパフォーマンスバージョン「718スパイダーRS」を発表した。2021年11月に登場したクーペの「718ケイマンGT4 RS」と対をなすミッドシップ2シーターオープンスポーツのトップモデルとして、「911 GT3」にも積まれる高回転型の4L自然吸気エンジンを搭載する。価格は2024万円(消費税込)、左右ハンドルがセレクトできる。

718ケイマンGT4 RSより5kg軽く仕立てられている

ポルシェのミッドシップオープンで初めての搭載となるこの4L 6気筒ボクサーエンジンは最高出力500ps/最大トルク450Nmを発生、最高回転数9000rpmを誇る。クロスレシオの7速PDKを組み合わせ、0−100km/h加速3.4秒、200km/hまでは10.9秒を叩き出す。

これは718スパイダー(こちらの4L自然吸気エンジンは911カレラなどに積まれるターボエンジンを改良したもの)比で、最高出力は+80ps、0−100km/h加速は0.5秒速くなり、最高速度は8km/h(300km/hから308km/h)の向上を遂げている。これには軽量化も貢献しており、車両重量は718スパイダー(PDK搭載モデル)より40kg軽い1410kgを実現し、クーペの718ケイマンGT4 RSより5kg軽く仕立てられている。

軽量化されたボディは高い空力性能も併せ持つ。718ケイマンGT4 RSとほぼ同様のフロントエンドは、エアアウトレットを備えたCFRP製ボンネットやダウンフォースを増大させるサイドブレードを装備。718ケイマンGT4 RSに備わる大型リアウイングに代わり、ダックテールのような形状のティアオフエッジを備えた。足もとには20インチ鍛造アルミホイールを装着している。

ポルシェ718スパイダーRS

また、ソフトトップは軽量化のため、手動式のシングルレイヤー軽量ソフトトップを採用した。これは側面と背後が開いた状態で日除け(ビキニトップ)として使用可能なサンセイルと、それに組み合わせて雨を防ぐウェザーディフレクターで構成されており、完全取り外し可能。ベーシックな718ボクスターのルーフ全体より16.5kgも軽く、完全に取り外せばさらに8kgの軽量化を実現する。

インテリアも必要不可欠なものだけをセレクトしたスポーティな仕立てとされている。12時の位置にイエローでマークしたRSスポーツステアリングや、サイドサポートに優れた軽量なCFRP製のフルバケットシートを装備。シートはブラックレザーに加え、グレーとレッドがセレクトできるパーフォレーション加工を施したRece-Texをセンターに用いたコントラスト仕様。ダッシュボードとトリムにはレザーが用いられている。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS