クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • トヨタ「AE86」のプロペラシャフトが再販!「 FUJI 86/BRZ STYLE」の見どころを大公開します
CLASSIC
share:

トヨタ「AE86」のプロペラシャフトが再販!「 FUJI 86/BRZ STYLE」の見どころを大公開します

投稿日:

TEXT: 山崎真一(YAMAZAKI Shinichi)  PHOTO: 山崎真一

2023年9月24日に開催される86/BRZの祭典はAE86の40周年を祝う!

2023年9月24日(日)に富士スピードウェイで開催される「FUJI 86/BRZ STYLE」は今年、生誕40周年を迎えるAE86(ハチロク)にフューチャーし、専用駐車場は100台に拡大。電気自動車のAE86 BEVコンセプト(レビン)と土屋圭市さん所有のAE86ストリート号(通称:マメ号)の0-100m対決が突如発表され、TOYOTA GAZOO Racingからも「AE86の要素を散りばめたイベントを開催する」とHP上で宣言した。どのようなコンテンツが展開されるのか、ハチロクファンは気になるところだろう。

FUJI 86/BRZ STYLEよりも歴史がある岡山のAE86フェスティバル

当日のコンテンツの一部(となるであろう)内容は2023年8月27日(日)、FUJI 86/BRZ STYLEの原型となった(⁉)といえるイベント、「AE86フェスティバル」で、すでにオープンとなっている。

AE86フェスティバルは岡山国際サーキットで毎年開催されるAE86だけのイベントで、2023年で24年目と、FUJI 86/BRZ STYLEより歴史が古く、専用駐車場の設定やイベント終了後のパレードランなどは先駆けて催されている。

場所が岡山県ということもあり、近畿、中四国、九州のオーナーが中心。とくに九州は「ハチロクだけのイベントがない」と、ハチロク仲間/グループで参加するという声も聞かれた。

AE86フェスティバル

イベントの規模や内容についてはFUJI 86/BRZ STYLEよりは小規模なのはいかんともしがたいが、専用駐車場には約200台。コースイベントに参加する“走るハチロク”、出展ブースの展示車両などを含めると約300台が集う。ハチロクが集まるイベントとしては日本最大級なのは間違いない。また、ハチロクがサーキットを駆け抜ける姿、チューニングが施されたさまざまな4A-GEサウンドが楽しめるのは、このイベントならではの魅力だろう。

AE86 BEVコンセプトはナンバーを取得し、バッテリーも小型化へと進化

前書きが長くなってしまったが、じつはこのイベントにトヨタが出展している。ブースには2023年の東京オートサロン/大阪オートメッセに展示されたAE86 BEVコンセプトとGRヘリテージパーツを展示。映像によるプロモーションは一見するとその他のイベントと変わりがなかった。

最初は「あっ、AE86のBEVコンセプトを展示してるのね」とさらりと見ていたのだが、目を凝らしてみると、ハチロクEVにナンバープレートが付いているではないか。構造変更手続きを行い、大手を振って公道を走れる仕様となっていたのだ。

また、トランクルームのバッテリー(レクサスが開発)も一新され、厚みも薄く、ひとまわりコンパクトに。聞けば小さくしただけでなく、航続距離も伸びているとのこと。AE86 BEVコンセプトはコンセプトにとどまることなく、手を加えて進化していた。つまり、トヨタは本気で市販化を目指している。そう感じたのである。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS