クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 「3-7-59」の意味がわかったアナタはマクラーレンの沼オタ確定! 限定6台のマクラーレン「750S」を今すぐチェックして
CAR
share:
「3-7-59」の意味がわかったアナタはマクラーレンの沼オタ確定! 限定6台のマクラーレン「750S」を今すぐチェックして

「3-7-59」の意味がわかったアナタはマクラーレンの沼オタ確定! 限定6台のマクラーレン「750S」を今すぐチェックして

投稿日:

TEXT: AMW編集部  PHOTO: マクラーレン・オートモーティブ

  • マクラーレン創立60周年を記念した「3-7-59」コンセプトのマクラーレン「750S」
  • 「トリプルクラウン」で優勝したマクラーレンのレースナンバーにちなんだカラーリング
  • トリプルクラウンロゴのデザインはインテリアにも取り入れられている
  • ヘッドレストにはマクラーレンオレンジのステッチが施されている
  • 勝利を収めた3台のマシンのカラーリングを反映し、3 つのレースとそれを制したマシンの詳細をイラスト化し、鮮やかなコラージュで組み合わせている
  • 1995 年のル・マンでヤニック・ダルマス、関谷正徳、JJ・レートがドライブして優勝したマクラーレン F1 GTR の「59」
  • 1984 年のモナコ GP でアラン・プロストが優勝したマクラーレン MP4/2 の「7」
  • 1974 年のインディ 500 でジョニー・ラザフォードがドライブした M16Dの「3」
  • 「3-7-59」のテーマは、3つのトリプルクラウンで優勝したマクラーレンのレースナンバーにちなんでいる
  • 赤と白のマクラーレン F1をオマージュした「3-7-59」のエンブレム
  • 20 色以上のカラーを使用して印象的なエクステリアを表現
  • 見る角度によってカラーリングが違う斬新なデザイン
  • 「3-7-59」テーマのバリエーションは限定6台で、すべて新型マクラーレン「750S」 モデル。すでに完売済となっている

限定6台の「750S」が初公開

マクラーレン・オートモーティブは、創立60周年を記念して「3-7-59」コンセプトのマクラーレン「750S」を初公開した。「3-7-59」をテーマとしたバリエーションは限定6台で、すでに完売済みという超希少モデルの詳細をお伝えしよう。

「3-7-59」の数字の意味とは

マクラーレンが発表したのは究極の美しいオーダーメイド・カラーリング「3-7-59」。このコンセプトモデルはすべて新型マクラーレン「750S」がベースとなっており、限定の6台はすでに完売済みということだ。アメリカのソノマ・レースウェイで開催されたラグジュアリーモータースポーツの祭典、ヴェロシティ・インターナショナルで公開され、注目を集めた。

では、「3-7-59」のテーマの元になっている数字は何かというと、1974年のインディアナポリス500でジョニー・ラザフォードがドライブしたM16Dの「3」、1984年のモナコGPでアラン・プロストが優勝したマクラーレンMP4/2の「7」、そして1995年のル・マン24時間レースで優勝したマクラーレンF1 GTRの「59」、という3つの「トリプルクラウン」で優勝したマクラーレンのレースナンバーにちなんでいるのだ。この数字を見ただけでピンと来たあなたは、結構なマクラーレン通に違いない。

マクラーレンレーシングチームのドライバーといえば、マクラーレンF1のランド・ノリス、マクラーレン・インディカーのパト・オワード、そしてマクラーレンF1 GTRでル・マン24時間レースに2度参戦した元マクラーレンF1ドライバーのデレック・ベル。彼らによる「3-7-59」のテーマが、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)の熟練したペイント・エンジニアによって、目を見張るような鮮やかなボディカラーに仕上げられた。

MSOによる流れるようなアートワークは、ペイントに1200時間以上を要し、3つのトリプルクラウン・レースとマクラーレンのチャンピオン・カーにちなんだ20種類以上のペイント・カラーと効果を融合したものになっている。さらに、トリプルクラウンのディテールを追加したオーダーメイドのインテリアが、エクステリアのカラーリングを引き立てる。

ボディの各部がトリプルクラウンのレースをオマージュしたカラーリングに

フロントはマクラーレンMP4/2の白と赤のカラーリングからインスピレーションを受けており、レースナンバーの「7」がボンネットにあしらわれ、F1マシンのイメージカラーが再現されている。

両サイドは1995年のル・マンで優勝したマクラーレンF1 GTRへのオマージュで、グレーのカラースキームと「59」のレースナンバー、そしてGT1クラスへの参戦を示す鮮やかなグリーンのドットが施された。

リアはマクラーレンM16Dからインスピレーションを得たもので、1974年のインディ500で優勝したボディカラーのオレンジを採用し、レースカー同様にブルーでナンバー「3」をあしらっている。チェッカーフラッグの渦巻きのようなエフェクトも施され、細部に至るまで完璧なペイントに目を奪われる。

サテン・ブラックの超軽量ボルテックス・アロイ・ホイールが、ブルー、レッド、ル・マン・ゴールドの3色で交互にカラーリングられたブレーキ・キャリパーを覆っていて、3冠を達成した3台のマシンを連想させるものに仕上げられた。

マクラーレンファンならピンと来るかも

インテリアもボディと同様に、細かなディテールに至るまでレーシングカーをオマージュしたアートワークが施されている。どの部分がどのマシンからインスピレーションを得た仕立てになっているのか、探しながら見てみるのも面白いかもしれない。マクラーレンファンであれば、すぐにピンと来る人も多いであろうと思われるが、ぜひチェックしてみてほしい。よく見ると「これは!」とアハ体験のような瞬間を楽しめるだけでなく、マクラーレンファンとしてのマニア度が試されるかもしれない。

すべて表示


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS