クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日産「セレナ」を週末だけキャンピングカーに! ポップアップルーフ付きのアウトドアにも普段使いにも使える万能選手です
CUSTOM
share:

日産「セレナ」を週末だけキャンピングカーに! ポップアップルーフ付きのアウトドアにも普段使いにも使える万能選手です

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)

  • オプションの走行充電式サブバッテリー、FFヒーター、ソーラーパネルなど、キャンピングカーのような装備にバージョンアップも可能
  • ポップアップルーフを上げると、フロアと合わせて2m以上の室内高が確保できる
  • 就寝エリアとしての使い道だけでなく、ウインドウをオープンにして夜には天体観測を楽しめる
  • ポップアップルーフは油圧ダンパー式なので、女性でも軽々と開閉することができる
  • インテリアは多彩なシートアレンジが可能なセレナの利点を生かすように、シンプルに抑えられた設計を採用
  • キャンプ道具をたくさん積み込めるカーゴスペース
  • 可変ポップアップルーフ機構搭載によって快適な車中泊が気軽に楽しめる
  • 室内は大人2人が眠れる十分な広さを確保する
  • 日産ピーズフィールドクラフトが提案する日産 セレナP-SV

家族のファーストカーをキャンピングカーに

オートキャンプにオススメしたいのが、日産ピーズフィールドクラフトが提案する日産「セレナP-SV」です。このクルマの最大の特徴は、可変ポップアップルーフ機構搭載によって快適な車中泊が気軽に楽しめること。キャンピングカーとしての快適性を求めたらそれこそキリがありませんが、ファーストカーの使い勝手を損なわず、マルチに活躍、活用できる1台となっています。

快適な車中泊が気軽に楽しめる!

キャンピングカーを選ぶとき、何に気を付けるべきか。大きな荷物や趣味の道具を載せるなど、明確な目的がある人は荷室を広く、ゆとりのスペースを持つキャンピングカーを選べばよいが、普通に家族でオートキャンプを楽しむ人達にとっては、見るべきポイントが少し違ってくる。ファーストカーとしても使うことを前提に考えると、車中泊仕様として作り込むには限界がある。個人でやれることといえば、せいぜいシートをフラット化できるマットを敷く程度だ。

そこで注目してもらいたのが、日産ピーズフィールドクラフトが提案する日産「セレナP-SV(ポップルーフ スリーピングバージョン)」だ。このクルマの最大の特徴は、可変ポップアップルーフ機構搭載によって快適な車中泊が気軽に楽しめること。キャンピングカーとしての快適性を求めたらそれこそキリがないが、ファーストカーの使い勝手を損なわず、マルチに活躍、活用できる1台としてセレナP-SVはタウンユースなオートキャンプに最適な1台といえる。

楽しく快適な家族とのドライブを実現する性能でファミリー層に絶大な支持を集めるセレナ。日産の誇る先進技術を搭載し、最大8人という多人数乗車に対応する。両側スライドドアを備えているため、家族や友人とのドライブも快適にこなせる使い勝手の良いファミリーカーだ。そんなミドルクラスのミニバンとしても多大な人気を集めているセレナに居住空間を拡大し、就寝人数も4人に対応できるようポップアップルーフを架装した。

大人も子どもも楽しめるポップアップルーフのテント部分は、全面を閉めきりのフルクローズモードに加えて、メッシュスクリーンを使ったハーフオープンモード、そしてすべてを開け放つフルオープンモードの3パターンによって、シーンの使い分けが可能。レインカバーが付いているので、雨にも対応しているのが嬉しい。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS