クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 土屋圭市仕様のハチロクも登場! 3台のトヨタ「スプリンタートレノ」のミニカーがホビージャパンから発売
LIFE
share:

土屋圭市仕様のハチロクも登場! 3台のトヨタ「スプリンタートレノ」のミニカーがホビージャパンから発売

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Hobby JAPAN

  • ミニカーは、ボンネット、マフラー、ホイール、シート、ステッカー類やナンバープレートといった細部に至るまでディテールにこだわっている
  • バンパーの形状にも注目をしたい
  • サイドデカールも再現
  • クリアケースと台座が付属されている
  • ボンネットは開閉式
  • エンジンルームも再現
  • ダイキャスト製1/64スケールトヨタ「スプリンター トレノドリフトキング」
  • 車高の高さやホイールのクオリティも高い
  • 2本出しマフラーや大型のリアスポイラーを装着している
  • 新規造形でボディもスタイリッシュに仕上がっている
  • コレクションに最適なサイズ感が嬉しい
  • ダイキャスト製1/64スケールトヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル」(レッド/ブラック)
  • ボンネットは開閉式
  • デカールやリアウインドウの熱線なども再現
  • ダイキャスト製1/64スケールトヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル」(シルバー/ブラック)
  • ボンネットは開閉式
  • デカールやリアウインドウの熱線なども再現
  • ダイキャスト製1/64スケールトヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル」(ホワイト/ブラック)
  • ボンネットは開閉式
  • デカールやリアウインドウの熱線なども再現
  • ダイキャスト製1/64スケールトヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル カーボンボンネット」(レッド/ブラック)
  • ボンネットは開閉式
  • デカールやリアウインドウの熱線なども再現
  • ダイキャスト製1/64スケールトヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル カーボンボンネット」(シルバー/ブラック)
  • ボンネットは開閉式
  • デカールやリアウインドウの熱線なども再現
  • ダイキャスト製1/64スケールトヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル カーボンボンネット」(ホワイト/ブラック)
  • ボンネットは開閉式
  • デカールやリアウインドウの熱線なども再現
  • エンジンルームの再現度も高い

ハチロク好きならずとも手に取りたいミニカー

模型メーカーのホビージャパンは、同車オリジナルブランド「HJ64」シリーズ最新作として、ダイキャスト製1/64スケールのトヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル」、トヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル カーボンボンネット」、トヨタ「スプリンター トレノ ドリフトキング」の3種類を2024年6月に発売します。こだわりの内容を紹介します。

1/64スケールとは思えぬ細部まで再現

1983年に登場したトヨタAE86型「スプリンタートレノ/カローラレビン」は、1.6L直4エンジンに軽量なボディ(3ドア 1600GTVで940kg)が与えられたことで、FRならではの運転する楽しさを好むファンに今でも支持されているモデルだ。

ミニカーのベースとなったのは上級グレードのGT APEXで、JDMスタイルにカスタマイズが施されている。トヨタ「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル」と「スプリンター トレノGT APEX JDMスタイル カーボンボンネット」は、ホイールは8本スポークホイールを装着し、スプリンタートレノのみに与えられたリトラクタブルヘッドライトが開いた状態で完成品となっている。

ボディは新規造形で設計し、実車のようにスタイリッシュな形状を1/64スケールで再現。ミニカーをよく見ると、フェンダーフラップやリアガラスの熱線、ドアノブ、ドアミラー、ワイパー、ボディカラー、マフラー、そしてボディサイドやリアパネルのデカールなど実車を余すことなく反映している。さらに、ボンネットは開閉式となっており、エンジンルームでは名機4A-Gのヘッドカバーやロゴなどのディテールにもこだわっている。

また、画像からでは確認できないが、内装についてもインテリアやシート形状も再現しているとのこと。詳しくは、ぜひ自身の手に取って確認をしてほしい。

ボディカラーはホワイト/ブラック、レッド/ブラック、シルバー/ブラックの3種類が用意。ノーマルボンネットの他にカーボンボンネットがラインアップされて、価格は3500円(消費税込)。台座とクリアケースが付属される。

ドリキン仕様のハチロクもラインアップ

もう1台は、日本で一番有名なハチロクと言っても過言ではない、元レーシングドライバーの土屋圭市氏の愛車のスプリンタートレノ、通称「スーパー豆号」をモデル化。実写取材に基づき1/64スケールで再現されている。

ミニカーは、ボンネット、マフラー、ホイール、シート、ステッカー類やナンバープレートといった細部に至るまでディテールにこだわっている。また、ボンネットは開閉式となっているため、エンジンルームも再現している。製品は、クローム調の専用パッケージ、クリアケースと台座が付属されているため、コレクションに最適だ。ボディカラーは1色のみ、価格は3600円(消費税込み)となっている。全国の模型店やインターネットで購入することができる。

■ホビージャパン
https://www.markmodels.jp/

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS