クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ランボルギーニ「レヴエルト」に高級オーディオがオプションに! V12サウンドにかき消されずに「ソナス・ファベール」の音色を堪能できる!?
CAR
share:

ランボルギーニ「レヴエルト」に高級オーディオがオプションに! V12サウンドにかき消されずに「ソナス・ファベール」の音色を堪能できる!?

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Automobili Lamborghini S.p.A.

  • ランボルギーニ レヴエルト:左右のドアにはミッドウーハーとツイーターが埋め込まれる
  • ランボルギーニ レヴエルト:ソナス・ファベールと共同開発で生まれた車載オーディオシステムをレヴエルトに初搭載する
  • ランボルギーニ レヴエルト:個性的なY字シェイプのヘッドライトは電動コンセプトのテルツォ・ミッレニオや限定車シアンを思い出させる
  • ランボルギーニ レヴエルト:エアロダイナミクス性能も、派手なエアロデバイスを纏うことなく大幅に引き上げた
  • ランボルギーニ レヴエルト:カウンタック以来の伝統というべきパワートレインレイアウトをついに諦め、180度逆、つまりキャビンからみてエンジン→トランスミッションと配する常識的なレイアウトとなった
  • ランボルギーニ レヴエルト:発熱量が少ない新しいフルクラスD級アンプを導入する
  • ランボルギーニ レヴエルト:合計7つのスピーカーと、このモデルのために特別に開発された独自のフェイズプラグや天然繊維複合素材が採用される
  • ランボルギーニ レヴエルト:ソナス・ファベールと共同開発したオーディオシステムは2024年5月からオプションとして提供される

ランボルギーニがソナス・ファベールと初コラボ

アウトモビリ・ランボルギーニは、クラス最高のテクノロジーとデザインを融合させたオーディオメーカー「ソナス・ファベール」と初のコラボレーションを実施し、「レヴエルト」にオーディオシステムをオプション採用すると発表しました。ソナス・ファベールの車載オーディオとは、一体どのようなものになるのでしょうか?

レヴエルトにコラボするオーディオを搭載

アウトモビリ・ランボルギーニとソナス・ファベールは、初のコラボレーションを実施し、共同開発で生まれた車載オーディオシステムを「レヴエルト」に初搭載すると発表した。このオーディオシステムは2024年5月からオプションとして提供される。

合計7つのスピーカーを搭載

ランボルギーニ・レヴエルト・サウンドシステムは、ソナス・ファベールが持つ音響工学と伝統を活かし、自然で明瞭かつ繊細なサウンドにより、リスナーがオーディオをもっとも純粋な形で体験できるように作られる。このシステムには、合計7つのスピーカーと、このモデルのために特別に開発された独自のフェイズプラグや天然繊維複合素材が採用される。

フルクラスD級アンプを導入

このシステムには電力効率が高く、発熱量が少ない新しいフルクラスD級アンプを導入する。非常にパワフルなDSPと組み合わせることで、電気信号とアコースティックな音色のスムーズな移行を実現している。このアンプは、最大750Wのポテンシャルでスピーカーを駆動するように設計されている。

独特のサウンド体験を提供するセンター・チャンネル/サラウンド

センター・チャンネルスピーカーは、運転席と助手席の真正面で独特のサウンド体験を提供するよう設計される。リスニング体験の見事なシンメトリーを実現するとともに、逆構造の超薄型ユニットを採用することでスペース利用を最小限に抑えている。

また、ネオジウム磁石をユニットの中央に配置することで、全体の寸法を縮小し、音の明瞭度を高め、さらにフェイズプラグとしての二重の役割を活用している。これは、ソナス・ファベールが前回のオマージュコレクションのような象徴的な製品に導入した最先端技術である。

さらに、スピーカー中央の円錐形が出力音をさらに強化し、パワフルでありながら自然な音声と100Hz~20000Hzの帯域幅を実現している。サラウンドチャンネルには、統合された2つのフルレンジスピーカーが運転席と助手席の真後ろに配置されることで奥行きを深め、乗員を本格的な音響環境で包み込むように設計されている。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS