クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 彼女のマツダ「RX-7」は175台限定の「タイプRZ」でした! ドレスデザイナーがFD3Sを選んだ理由と愛車に巡り合ったストーリーとは
CAR
share:

彼女のマツダ「RX-7」は175台限定の「タイプRZ」でした! ドレスデザイナーがFD3Sを選んだ理由と愛車に巡り合ったストーリーとは

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏(AOKI Kuitoshi)

  • オーナーの絵夢さんとマツダ RX-7
  • マツダ RX-7:スノーホワイトパールマイカはタイプRZの限定色だ
  • マツダ RX-7:2000年10月18日に発表された175台限定車
  • マツダ RX-7:BBSのガンメタリックアルミホイールを装着する
  • マツダ RX-7:ナルディ社製専用赤色ステッチ入りステアリングを装備する。限定仕様の証となる貴重な純正パーツの状態はとても良い
  • マツダ RX-7:ナルディ赤ステッチ本革シフトノブ&シフトブーツ&パーキングレバーブーツをセレクト
  • マツダ RX-7:レカロフルバケットシートを装備する
  • マツダ RX-7:基本的にフルノーマルで楽しむのが絵夢さんの流儀
  • マツダ RX-7:ダッシュボードに佇むぬいぐるみ
  • マツダ RX-7:ロータリーエンジン「13B-REW」を搭載する
  • オーナーの絵夢さんとマツダ RX-7
  • マツダ RX-7:あえてカスタムはしないでフルノーマルで姿を美しく保つことを大切にしていると話す
  • 絵夢さんは社交ダンスなどの美しいドレスを製作するデザイナー。その目線からもRX-7を選んだと話す

走りのセブンとしての血統を受け継ぐ正統派モデル

社交ダンスなどの美しいドレスを製作するデザイナー、“絵夢”さんの愛車はマツダ「RX-7 タイプRZ」(FD3S)。スノーホワイトカラーにパールが入った美しいボディはタイプRZ限定色で、発売から20年以上たった現在も綺麗な状態を保っています。絵夢さんがこの愛車を選んだ背景には、どのようなストーリーがあったのでしょうか。

過去のスポーツカー歴はゼロ

「『頭文字D』を読んでマツダRX-7の存在を知り、そのカッコよさに惹かれて興味が湧きました」

と話す“絵夢”さん。現在の愛車は、スノーホワイトカラーのマツダFD3S型「RX-7 タイプRZ」だ。セブン乗りなら知っていると思うが、このモデルは数あるRX-7シリーズの中でも進化の極みとうたわれた最終モデル。そして、タイプRZは純正シートにカーボンケブラーのフルバケットシートを備えるなど、走りのセブンとしての血統を受け継ぐ正統派だ。

このRX-7 タイプRZの生産台数は極めて少なく、たったの175台という希少車である。しかし彼女にとっては、最終型や限定モデルということはあまり関係なかったのだ。

「これまでの車歴は三菱コルト、ホンダ フィット、レクサスです」

と話す絵夢さん。過去のスポーツカー歴はゼロだったが、ふと走りが楽しいクルマに乗りたいという気持ちに駆られ、以前から気になっていたRX-7の購入に向けて動き出す。しかし、いざ購入を考えたときに、免許証はAT限定だったことに気づいた。そして、AT免許限定解除を行うべく運転免許センターへ。MT免許の取得までは意外と簡単で、技能審査を数時間受けるだけだった。見事に合格し、その日のうちにAT限定解除の免許証がめでたく交付されたのだ。

愛車探しはロータリーに詳しい友人に相談し、親しくしているショップの中古車を見るところからはじめた。そして、その友人と一緒に行ったショップで現在の愛車を見て、完全にひと目惚れ。その日に購入を決めたという。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS