年俸「66億円」のスターも! プロの中でも別格の「ワークスドライバー」とは? (1/2ページ)

年俸「66億円」のスターも! プロの中でも別格の「ワークスドライバー」とは?

モータースポーツで企業イメージを高めるワークス・ドライバー

 モータースポーツシーンにおいて、たびたび耳にする「ワークスドライバー」だが、果たしてどんなドライバーを指すのだろうか?  

 ワークスドライバー、海外では「ファクトリードライバー」と称されるが、文字どおりワークスチーム(ファクトリーチーム)の契約ドライバーで、プロとしてお金を貰いながら競技に参戦してベストリザルトを目指すことはもちろんのこと、マシンのパフォーマンスを高めるために開発サポートを実施する。巨額のスポンサーフィーに支えられて開催されているF1画像はこちら

 また時にはプロモーションやマーケティングの一環としてファン対応のイベントに参加したり、メディアの取材やコマーシャルおよび広告に出演するなど、ワークスドライバーの業務は多岐に渡る。

 このプロ中のプロであるワークスドライバーは自動車メーカーが組織する直系チームおよびサテライトチーム、有力コンストラクターが起用しているが、近年は大手スポンサーを持つ主力チームやタイヤメーカー、パーツメーカーが独自にワークスドライバーを起用するケースも少なくはない。

F1から国内選手権まで多々ある世界・国内市場へアピール

 各カテゴリーを代表するワークスドライバーを挙げるなら、フォーミュラレースの頂点、F1で言えばメルセデスAMGのルイス・ハミルトンやフェラーリのセバスチャン・ベッテル、ホンダがエンジンを供給するアストンマーティン・レッドブルのマックス・フェルスタッペンなどがそれにあたる。F1ドライバー、ルイス・ハミルトン画像はこちら

 ラリー競技の最高峰シリーズ、WRCならトヨタGAZOOレーシングのセバスチャン・オジェ、ヒュンダイのオイット・ナタクやティエリー・ヌービル、Mスポーツ・フォードのエサペッカ・ラッピなどがその代表的ドライバーだろう。WRCドライバー、セバスチャン・オジェ画像はこちら

 スポーツカーレースのトップシリーズ、WECでは中嶋一貴や小林可夢偉、セバスチャン・ブエミなどトヨタGAZOOレーシングのメンバーがWECを代表するワークスドライバーだと言えるだろう。シーズンを通しての契約である中嶋一樹、セバスチャン・ブエミや、スポット的契約のフェルナンド・アロンソ画像はこちら

 もちろん、国内モータースポーツシーンに目を向けても、各カテゴリーでワークスドライバーたちが活躍している。スーパーGTのGT500クラスやスーパーフォーミュラに参戦するドライバーの多くがいわゆるワークスドライバーたちで、全日本ラリー選手権に参戦する新井敏弘はスバル、奴田原文雄はヨコハマタイヤのワークスドライバーだと言えるだろう。  日本ラリー界のワークスドライバー、奴田原文雄、勝田範彦、新井敏弘たち画像はこちら

 ちなみに、彼らワークスドライバーに対して、お金を支払って競技に参戦しているアマチュアドライバーたちが「ジェントルマンドライバー」で、各カテゴリーの最高峰シリーズであるF1やWRC、WECにもワークスドライバーのほか、ジェントルマンドライバーたちが参戦するなど、プロとアマチュアが同じ土俵で戦っていることがモータースポーツならではの特徴と言える。  

画像ギャラリー