普通の日産ディーラーと何が違う? 全国わずか27店舗の「マイスター」がいる「NISMOパフォーマンスセンター」の正体 (1/2ページ)

普通の日産ディーラーと何が違う? 全国わずか27店舗の「マイスター」がいる「NISMOパフォーマンスセンター」の正体

全国27店舗で運営されるNISMOに精通したスペシャルショップ

 日産のモータースポーツ活動を支援し、その技術をフィードバックしたオリジナルパーツの開発を手掛けるNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)。そのNISMOの冠を掲げ、全国27のディーラーで運営されるスペシャルショップが「NISMOパフォーマンスセンター」だ。いつ頃からスタートし、具体的にはどのような業務をやっているのか? そこに常駐する「NISMOマイスター」について紹介していくことにしよう。

1987年に「NISMO PADDOK」としてスタート し、2003年に体制を強化

 NISMOパフォーマンスセンターの源流は1987年にニスモ本社でスタートしたNISNO PADDOOKだ。NISMOで開発されたオリジナルパーツの販売が主な業務で、1988年1月には神戸にディーラー運営の1号店がオープンしている。大きく変わったのは1997年。本社のNISMO PADDOOKの名称が大森ファクトリーに変わり、第2世代GT-Rのエンジン&シャシーリフレッシュなど一般車の作業受け入れを開始。専任のスタッフを常駐させ、現在のNISMO直系のプロショップとしての役割を果たすようになった。

【関連記事】日産「R34スカイラインGT-R」の理想形完成! ニスモ大森ファクトリーの公道からサーキットまで使えるスペックを完全紹介します

NISMOパフォーマンスセンターの紹介画像はこちら

 その後、NISMO大森ファクトリーを窓口としたコンプリートエンジン、チューニングパーツ、オリジナルグッズのラインアップが拡充したのを機に、2003年4月、全国のディーラーを中心にNISMOショップ・ネットワークが整えられた。NISMOパフォーマンスセンターの紹介画像はこちら

 具体的には、本格的なエンジンメニューまで扱える「エキスパートショップ」、コンピュータ交換などのライトチューンを手掛ける「スポーツショップ」、パーツやグッズの販売を扱う「パートナーショップ」という3ショップ体制で、これが現在のNISMOパフォーマンスセンターにつながっている。