クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • モータースポーツもデジタル化が加速! オリンピックでも使われる最新技術「4DReplay」がスゴイ
SPORT
share:

モータースポーツもデジタル化が加速! オリンピックでも使われる最新技術「4DReplay」がスゴイ

投稿日:

TEXT: 西川昇吾(NISHIKAWA Shogo)  PHOTO: 西川昇吾

  • 撮影風景のイメージ

  • 追走イメージ
  • 撮影風景のイメージ
  • カメラ設置イメージ
  • 設置したカメラのイメージ

運転技術向上などにも役立つ可能性大

 近年サーキット走行を楽しむユーザーの間で普及している動画撮影。スマホやアクションカムを使用して車載やタイヤの動きを撮影し、SNSなどで共有しているユーザーが増えてきています。そんなサーキット撮影の新技術として注目なのが4DReplayです。今回は富士スピードウェイのマルチパーパスコースでKDDIが主催した、4DReplayの実証実験走行会に参加してきました。

そもそも4DReplayとはどんな技術?

「そもそも4DReplayって何?」と疑問に感じる人もいるかもしれません。4DReplayでは180°や360°といったアングルを回転しながら映し出す映像で見ることができます。すでに野球やゴルフなどのスポーツでは活用されており、最近では北京オリンピックでもスキージャンプやフィギュアスケートなどでも採用されていたので、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

4DReplay提供 ※再生すると音声が流れます

 あらゆる角度から映像を見るとこができるだけでなくリアルタイムで映像を配信したり、視聴者がスマホなどで任意にアングルの変更や拡大したりすることも、システム上はできるそうです。今回は約180°のアングルに60台のカメラを使用。ひとつのコーナーをあらゆる角度から撮影して頂きました。

カメラ設置イメージ

走行シーンをさまざまな角度で確認可能

 実際に撮影された映像を見ると、クリッピングポイントに差し掛かったところで180°回転された映像になっています。映像が回転する直前に、わずかながらリヤタイヤがスライドし始めているのがわかります。そして回転して前方の画になると、わずかながらカウンターステアを当てています。今まではリヤタイヤとフロントタイヤの動きを同時に見ることはできませんでしたが、4DReplayならば同時にチェックすることができます。

 また、コーナリング中の姿勢変化もわかり、どのように荷重が移り変わっていくのかも理解しやすいです。4DReplayで撮影された映像を見返すと、今までにできなかった走りの発見をすることができるでしょう。

KDDI提供 ※再生すると音声が流れます

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS