時代を変えた最強のロードゴーイングカーR32GT-Rの歴史と変遷 (1/2ページ)

時代を変えた最強のロードゴーイングカーR32GT-Rの歴史と変遷

この記事をまとめると

  • R32スカイラインGT-Rの進化について詳細に解説する
  • R32は大きく分けて前期/中期/後期に分類される
  • 前期にはNISMO、後期にはV-specやV-spec IIが設定されている

P901の主役を担い世界ナンバー1を目指して開発

 コードネーム「RX」で呼ばれるR32スカイラインの開発は、’86年1月からスタートした。3月にはシャシーの設計部門が「90年代に日産は走りの性能において世界ナンバー1を目指す」と語り、その主役の1台がR32である、と述べている。これは後に社内の啓蒙活動「P901」として世に広められた。

 販売の主役となる2000GTSシリーズの基本構想は、7月の役員会で承認されている。R31スカイラインよりホイールベースとオーバーハングを切り詰め、サスペンションを一新して運動性能を飛躍的に高めようとした。この役員会の席上でイメージリーダーを追加することも決められている。首脳陣以外には「GT-X」と言っていたが、これが「GT-R」プロジェクトだ。

 その使命は、サーキットで常勝神話を復活させることにある。そのためにRB20DET型直列6気筒DOHCターボをベースに、排気量を2.4Lに拡大した。が、グループAレースを制するために最終的に排気量を2.6Lまで引き上げている。駆動方式はスカイラインらしさにこだわりFRとした。だが、レース仕様は700ps近くまでパワーアップされ、発生するトルクも強大だ。そこで最終的に4WDとなった。4WDは開発の最後の最後で電子制御トルクスプリット式4WDのアテーサE-TSの実用化の目処が立ち採用を決めた。そして’88年10月、走りの聖地である、ドイツのニュルブルクリンク・オールドコースに持ち込まれ、過酷なテストを行い、ついにはポルシェの最速タイムを更新している。

R32スカイラインGT-Rの軌跡を振り返る

【前期型】日産の技術を結集し16年ぶりに復活したGT-R

 R32スカイラインは’89年5月22日にベールを脱いだ。この席上で16年ぶりにGT-Rの復活が告げられ、8月21日に発売を開始すると発表されている。発売時期が夏になった理由は、アテーサE-TSを熟成させるための時間が十分ではなかったからだ。GT-Rは2ドアクーペをベースに、フェンダーを広げ、フロントグリルは2本スリットの専用デザインとした。グループAレース参戦を意識して、リヤエンドには大型のスポイラーを装備している。

R32スカイラインGT-Rの軌跡を振り返る

 パワーユニットは、総排気量2,568ccのRB26DETT型直列6気筒DOHCにセラミックタービンを組み込んだツインターボだ。最高出力は300psを予定していたが、官公庁を刺激しないように280psにディチューンされた。また、トランスミッションは大容量の5速MTのみで、6速MTと電子制御4速ATの採用は見送られている。

 サスペンションは4輪ともマルチリンク式で、後輪も操舵に加わるスーパーHICASも装備した。注目のアテーサE-TSは、FR状態から走行状況に応じて前輪にも駆動力を配分。50対50のリジッド4WDの状態まで前後のトルク配分を連続的に変化させる。LSDは応答レスポンスに優れた機械式だ。

R32スカイラインGT-Rの軌跡を振り返る

  全幅は1,755mmまで広げられ、225/50R16のBSポテンザRE71に鍛造のアルミホイールを組み合わせた。ブレーキは放熱性を高めた穴開きの大型ベンチレーティッドディスクを4輪に配し、前輪は対向4ピストンキャリパーとしている。ABSも標準装備していた。

【前期型DATA】

●発表 ’89年5月22日

●発売 ’89年8月21日

●車体番号 BNR32-000051~017466(欠番なし)

●当時の車両本体価格 445.0万円

●設定ボディカラー

 #KH2 ガングレーメタリック #KG1 ジェットシルバーメタリック

 #732 ブラックパールメタリック #AH3 レッドパールメタリック

 #TH1 ダークブルーパール

 

画像ギャラリー