チューニングのプロが乗るGT-R! 相棒として15年以上走って知るR34の魅力と貴重な経験 (1/2ページ)

チューニングのプロが乗るGT-R! 相棒として15年以上走って知るR34の魅力と貴重な経験

この記事をまとめると

  • 埼玉県のプロショップ「HKSテクニカルファクトリー」菊池良雅代表の愛車R34GT-Rを紹介
  • デモカーではなく愛車として付き合うからこそ15年以上乗り続けられている
  • 中でもサーキットにハマった3年間は人生において貴重な財産になった

デモカーではなく愛車だから知り得た奥深さ

 毎日の通勤の足として街中を駆け回る『HKSテクニカルファクトリー』菊池良雅代表の相棒はR34スカイラインGT-R。かつてはサーキットに度々通っていたが、今ではその実力を確認するのは静岡県富士宮市にあるチューニングメーカー『HKS』本社に用事があるときだ。埼玉県のお店からの道中で一人R34との対話を楽しんでいる。何も必死になって限界まで速度を上げるわけでない。エンジンを気持ちよく高回転まで回し切れば、愛車の機嫌の良さはわかる。一時期サーキットを本気になって駆け抜けた同志には、今も得体の知れない感情が沸き起こる。

一気にではなくジワジワと魅力が伝わって夢中になる

「あらためて思い起こしてみると、このR34GT-Rに乗る以前の最近では、フーガ、Z33のAT、スカイラインクーペ、そして再びZ33の今度はMTと、V6ばかりを乗り継いでいました。しかもすべて後からスーパーチャージャーを付けています。とてもV6好きに見えますが、そんなことはありません。偶然なんです」と愛車遍歴を話す『HKSテクニカルファクトリー』の菊池代表。それ以前に遡るとどうしても欲しくて手に入れたクルマがあったという。トヨタの初代アリストだ。 

 「ジウジアーロの流れるようなデザインに惹かれたんです。パワフルな2Jエンジンにも興味があって本当に好きでした。忘れもしない24年前、まだ32歳でした。それほど夢中だったアリストも長くは所有していませんでしたね。今の愛車に比べると……」

 そう語る菊池代表の現在の相棒はBNR34だ。正直に言ってしまえばアリストほど思い入れがあって購入したわけではない。

【関連記事】バンライフはいま「天然木」ブーム! すぐにできるDIYカスタムと注意点をお教えします

チューニングショップのスタッフが愛車として付き合うGT-Rについて画像はこちら

「乗らなくなったお客さまから譲り受けました。条件がよかったのでその気になったというのが本音です。もちろん嫌いではありませんでしたが、それまでGT-Rはどうしても欲しいという気にはなりませんでした。HKS本社のデモカーなどを散々乗っていたからかもしれません」

 それでも購入してから15年、今でもR34に飽きずに乗り続けている。あれほど思いを募らせていたアリストよりも断然長い期間所有しているのだ。 

「ひと目惚れで突き進んだアリストと違って、R34はジワジワと魅力が伝わってきた感覚です。サイズ感もよかったですね。R32ほど小さくないし、R33よりも引き締まっている。そこそこ広くて意外と便利なリヤシートの使い勝手のよさは、飽きのこない要因の一つです」

チューニングショップのスタッフが愛車として付き合うGT-Rについて画像はこちら

デモカーではないから自分のペースで工夫する

 そして何よりもオーラに気付いたことが大きい。RB26DETTならではの素性のよさから得られる速さや、V6とは違う淀みないサウンドは魅力的ではあるが、それよりも立ち姿に魅せられた。独特な雰囲気を携えたスタイリングが付き合っていくほど好きになっていったのだ。とくにイカついツリ目のフェイスは最初は気にも止めていなかったが、今ではとても気に入っている。単独ではそれほど感じないものの、多くのクルマの中にいるとR34のオーラは俄然際立つと言う。 

「手に入れたときは走行10万km。ブーストアップ仕様で400ps前後だったと思います。エンジンはもちろん、ブレーキもホイールもノーマルでした」 

チューニングショップのスタッフが愛車として付き合うGT-Rについて画像はこちら

 そこからがっつりと手を入れてデモカーっぽく仕立てることを検討したが、タイミングが合わずに取りやめた。むしろそれがよかったのかもしれない。デモカーにすればハイペースでクルマを仕立てる必要があり、その過程はゆっくりと楽しめない。それに対して菊池代表は自分のペースでR34をモデファイすることができたのである。

 パーツを少しずつ導入することで、その効果をじっくりと味わえる。デモカーと違って自分の愛車となると欲しいパーツをすべて装着できるわけではない。妥協しなければいけない部分も多い。そうなると使い方を自分なりに工夫して、最良の方法を見つけるように努力をする。間違いなくデモカーよりも愛着が育まれるのだ。

チューニングショップのスタッフが愛車として付き合うGT-Rについて画像はこちら

画像ギャラリー