日産R33「スカイラインGT-R」の進化の系譜とは? ル・マン参戦に4ドアや「400R」など特別モデルも多彩だった! (1/3ページ)

日産R33「スカイラインGT-R」の進化の系譜とは? ル・マン参戦に4ドアや「400R」など特別モデルも多彩だった!

空力と最新技術で進化した第2世代Rの次男坊

 待望のGT-R復活となったR32の後を受け継ぎ、ひとまわり大きくなったボディで登場したR33GT-R。さらなるポテンシャルアップを図るべく最新技術が盛り込まれ、ニュルブルクリンクではR32を21秒も上まわるタイムを記録した。ル・マン24時間レースへの参戦や英国への輸出など、GT-Rの名を世界に知らしめたBCNR33の歴史を振り返る。

不評だったプロトタイプは発売までに大幅改良

 平成5(1993)年8月、スカイラインはモデルチェンジして型式「R33」を名乗る9代目が登場した。だが、商品性の高いGT-RだけはBNR32が継続して発売された。

 2カ月後の10月に開催された「第30回東京モーターショー」に、R33の2ドアクーペGTSをベースにしたGT-Rのプロトタイプが姿を現す。大きな話題となったが、BNR32に乗っているユーザーや熱狂的なファンからは迫力不足と指摘された。ファンの意見を真摯に受け止めた開発陣は、デザインを大幅に変え、走りの実力も一段と引き上げた。

【関連記事】ついにEVで復活する「ハマー」! デカすぎるSUVはなぜ日本で売れまくった? 常識を打ち破った功績とは

R33スカイラインGT-Rの進化の歴史画像はこちら

 そして1995年1月6日、BCNR33を名乗る平成の第2世代GT-Rがベールを脱ぐ。開発コンセプトに掲げたのは「究極のドライビングプレジャーの追求」である。ボディサイズは一回り大きくなり、重くなっているが、エアロダイナミクスを磨き、スポイラーにも新しい機能を盛り込んだ。空気抵抗の低減と共にエアインテークも空気を取り込みやすい形状に変えている。特徴的なリヤスポイラーは角度調整機構付きだ。

 エンジンは改良を加えた2568ccのRB26DETT型・直列6気筒DOHCツインセラミックターボ。インタークーラーを冷却性に優れたインナーフィンタイプに変更し、制御するコンピュータも8ビットから16ビットにアップグレードしている。最高出力は280ps/6800rpmと、BNR32から変わらず。だが、最大トルクは37.5kg‒m/4,400rpmまで引き上げられた。

R33スカイラインGT-Rの進化の歴史画像はこちら

【前期型】標準車以外にV-specとレース参戦用のN1を設定

 R32GT-Rよりホイールベースを105mm延ばし、改良型のマルチリンク式サスペンションを4輪に配したR33GT-R。前後の重量配分の改善もあり、トラクション能力とハンドリング性能が向上している。

 4WDシステムは、電子制御トルクスプリット4WDのアテーサE-TSを受け継いだ。後輪も操舵する電動スーパーハイキャスには、新たにヨーレイトフィードバック制御を追加し、優れたコーナーリング特性と軽やかな走りを実現した。

 R32と同様に、GT-R標準車の上位グレードとしてV-specが用意された。標準車はアテーサE-TSにメカニカルLSDの組み合わせだが、V-specはアクティブLSD統合制御のアテーサE-TSプロを採用。サスペンションも専用のハードなセッティングに変更されている。さらに、ブレンボ製アルミキャリパー対向ピストンブレーキは、前輪側に導風板が追加され、冷却性能を高めた。

R33GT-Rのパワートレーン画像はこちら

 このV-specをベースに、レース参戦向けの装備を追加したN1仕様も送り出された。ハードな走行にも耐えられるメタル製タービンを採用し、冷却性能を高めるために大容量のウォーターポンプやインタークーラー用のバンパーエアガイド、フードトップモール、CFRP製アンダーカバーなども装備。サーキットでの実戦を考慮した仕様となっている。

 また、デフやトランスミッションの油温上昇を抑えるためにマルチオイルクーラーも設定した。リヤスポイラーの翼端形状も、カタログモデルとは微妙に異なるデザインだ。

【前期型DATA】

●発売 1995年1月
●車体番号 BCNR33-000001~
●当時の車両本体価格 478.5万円〜

R33スカイラインGT-Rの進化の歴史画像はこちら