クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 「軽キャン」から「アルファード」車中泊仕様までアウトドアカスタム大集合! 2022年の大阪オートメッセの熱気を振り返る【OAM 2023】
OUTDOOR
share:

「軽キャン」から「アルファード」車中泊仕様までアウトドアカスタム大集合! 2022年の大阪オートメッセの熱気を振り返る【OAM 2023】

投稿日:

TEXT: AMW編集部  PHOTO: AMW編集部/佐藤 圭/西川昇吾

  • 2022年の大阪オートメッセに三菱が出展した「デリカD:5 Tough×Tough」

「第26回大阪オートメッセ2023」は2023年2月10日~12日に開催

 1997年から開催されている「大阪オートメッセ」は、クルマとカスタマイズを軸に例年20万人以上の来場者を誇る関西最大級のビッグイベント。2023年もインテックス大阪を舞台に、2月10日(金)~12日(日)の3日間にわたって開催されます。どのようなイベントなのか1年前の会場の雰囲気をご紹介。今回は、キャンピングカーや車中泊などアウトドア志向のカスタムトレンドを振り返ります。

自動車メーカーもアウトドア仕様を競って出展

 近年のアウトドアブームはもちろんのこと、コロナ禍にともなう新しいライフスタイルとしてのリモートワークやワーケーション、さらには災害への備えとしても注目度が上昇し続けているキャンピングカー。2022年の大阪オートメッセにも個性あふれるキャンピングカーや車中泊カスタム車が数多く展示されていました。

 そして、いわゆるアフター系のメーカーやビルダーだけでなく自動車メーカーもキャンピングカーの可能性に着目し、コンセプトカーを出展していたのも2022年の特徴です。

 三菱の「デリカD:5 Tough×Tough」はルーフテントを備えるだけでなく、足まわりはリフトアップしてホイールはオフロード系カスタムの名門JAOSのアダムスBL5をチョイスし、オールテレーンタイヤのジオランダーX-ATを装着。タフネスをアピールしていました。

 日産が製作した「CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT」は、トレイルランナーが山で遊び尽くすための基地を想定し、空間を広く取ったシンプルかつ機能的なインテリアが特徴。可動式のソーラーパネルと大容量のポータブル電源を搭載して、宿泊や天候の回復を待つ際も電子機器を不自由なく使用できるというわけです。

 ホンダの「N-WGN PICNIC」は「WEEKEND PICNIC FOR YOU」をコンセプトに、レトロな雰囲気の2トーンの専用ボディカラー、丸目ヘッドライトや温かみのあるハロゲンのフォグランプ、各部のガーニッシュは木製と外装にも徹底したてこだわり。室内にはギア類を整理整頓しやすい「マルチ収納ツール」や、仕切り機能が付いた「荷室スライドボード」など、使い勝手を向上させる装備を満載していました。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS