クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「GRヤリス」の5ドア仕様も!? 大阪オートメッセ2022のカスタムシーンをおさらい【OAM 2023】
CUSTOM
share:

トヨタ「GRヤリス」の5ドア仕様も!? 大阪オートメッセ2022のカスタムシーンをおさらい【OAM 2023】

投稿日:

TEXT: AMW編集部  PHOTO: 西川昇吾

  • 大阪オートメッセ2022のTOYOTA GAZOO Racingブース

「第26回大阪オートメッセ2023」は2023年2月10日~12日に開催

 1997年から開催されている「大阪オートメッセ」は、クルマとカスタマイズを軸に例年20万人以上の来場者を誇る関西最大級のビッグイベント。2023年もインテックス大阪を舞台に、2月10日(金)~12日(日)の3日間にわたって開催されます。どのようなイベントなのか1年前の会場の雰囲気をご紹介。今回は、ラリーでも活躍するホットハッチ、トヨタ「GRヤリス」のカスタムを振り返りましょう。

大嶋和也選手がカスタマイズしたGRヤリス

 2022年の大阪オートメッセでTOYOTA GAZOO Racingブースに展示されたのは、SUPER GTなどで活躍する大嶋和也選手によるカスタムが施されたGRヤリスです。競技向けグレードで簡素な装備のRCをベースに、ダートトライアル仕様に仕上げられた1台で、GRロールバー、機械式LSDやショックアブソーバーとスタビリンクのセット、強化メタルクラッチなどのGRパーツを装着。足もとは15インチホイールとダートタイヤ、マッドフラップという組み合わせになっており、ラリーカーらしさがグッと増す仕様に。GRアンダーガードセットも装備され、本気のダートトライアル仕様となっていました。

5ドアのGRヤリス「風」ヤリスも登場

 ガレージベリーが展示したのは5ドアのGRヤリス? と見紛うヤリス。このGRヤリス風バンパーは出展時はまだ開発中のもので、展示車両に装着されていたのは型取りに使われるマスターモデルでした。しかしそのクオリティは見事で、純正流用かと思ってしまうほど。

 また、まったくGRヤリス純正と同じデザインというわけではなく、リップスポイラーを新たに追加することにより、ガレージベリーのオリジナル要素も。フロントバンパー以外にはサイドステップやリアスポイラーなど、すでに販売されているパーツも装着。オーバーフェンダーは車検対応の片側9mmワイドな仕様です。

 ガレージベリーでは本物のGRヤリスにも新しくフロントバンパーを製作。すでに販売されているエアロパーツと組み合わせて、シンプルながらレーシーにまとまっている1台も展示していました。

* * *

 2023年の大阪オートメッセは1年前より大幅に出展数が増え、500台以上のカスタムカーが集結する予定です。最新のカスタムトレンドをチェックできる絶好の機会ですので、2月10日~12日はインテックス大阪へ足を運んでみることをお勧めします。

すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS