クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • ガルウイングの日産「ジューク」がコンテスト3位!大阪オートメッセ2020の熱気を振り返る【OAM 2023】
CUSTOM
share:

ガルウイングの日産「ジューク」がコンテスト3位!大阪オートメッセ2020の熱気を振り返る【OAM 2023】

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭(SATO Kei)  PHOTO: 大阪オートメッセ/佐藤 圭

「第26回大阪オートメッセ2023」は2023年2月10日~12日に開催

 長い歴史を誇る「大阪オートメッセ」は、西日本で最大級の自動車イベント。今年もインテックス大阪で開催が予定され、2月10(金)〜12日(日)と目前に迫っている。2021年はコロナ禍の影響で中止となったが、その直前である2020年はどんな様子だったのか、当時の画像とともにプレイバックしてみよう。

トヨタ久々の本格4WDスポーツ「GR YARIS」が注目の的

 2020年の大阪オートメッセ会場を埋めつくした展示車両はなんと608台、3日間で20万人を超えるクルマ好きが訪れた。人気車両コンテストで堂々の優勝を飾ったのは、今のチューニング業界に欠かせない1台であり、国内外のモータースポーツでも華々しく活躍している、TOYOTA GAZOO Racingの「GR YARIS」だ。トヨタが本格的な4WDスポーツを世に送り出すのはST205型の「セリカGT-Four」以来、約20年ぶりとなり、アフターパーツのメーカーやプロショップからの注目度も高く、展示された5号館には開場の直後から数え切れないほどのギャラリーが押し寄せることに。

 それに加えTOYOTA GAZOO Racingのブースには、ロールケージなどを装備した「GR YARIS RALLY CONCEPT」と、2020年のWRC(世界ラリー選手権)に参戦する「YARIS WRC」も並び、ベースのGR YARISとモータースポーツにかける熱意が大いに示された。

 2020年は自動車メーカーやワークスのスポーツモデルが豊作で、ホンダ/無限の「シビック タイプR」やスバル/STIの「WRX S4 STI Sport GT Concept」をはじめ、スズキは同名のバイクと併せて「SWIFT SPORT KATANA EDITION」を展示した。

学生が作ったガルウイングの日産「ジューク」も

 他に大きなトピックとして挙げられるのは、日産京都自動車大学校の学生が作り上げた、シザーズドア仕様の「ジューク」だろう。斬新なアイデアと高いクオリティは来場者を驚かせ、人気車両コンテストでも堂々の3位に輝いた。

 またSUVのブームを象徴するようにJB64/74系の「ジムニー」や、「デリカD:5」のカスタムカーが多かったことも印象に残っている。

 そしてブースの人気コンテストも、自動車メーカーとワークスが上位を独占する。グランプリはTOYOTA GAZOO Racingで、GR YARISと併せて栄えあるダブル優勝となった。

* * *

 話題のニューモデルから度肝を抜くカスタムカーまでが集結し、最新のトレンドを肌で感じられる『大阪オートメッセ』は2月10~12日。是非インテックス大阪へ足を運びこの熱気を味わってほしい!

すべて表示
  • 佐藤 圭(SATO Kei)
  • 佐藤 圭(SATO Kei)
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS