クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 713馬力にあえて落とした日産R35「GT-R」には理由がありました。「エンドレス」が目指す「長く楽しく」走れる仕様とは
CUSTOM
share:

713馬力にあえて落とした日産R35「GT-R」には理由がありました。「エンドレス」が目指す「長く楽しく」走れる仕様とは

投稿日:

TEXT: 山崎真一  PHOTO: 高原義卓

  • エンドレスのR35

  • ホイールはYOKOHAMA ADVAN Racing R6で12J×20と極太。ブレーキはエンドレスのMONO6をセット

  • エンドレスR35のリアビュー
  • ブーストアップ仕様のエンジン
  • エンドレスのR35
  • エンドレスのR35

GT-R専門店かと思うほどピットにGT-Rばかりが並ぶ名店

ドラッグレースで8秒台、鈴鹿やセントラルなど西のサーキットを中心にトップクラスのタイムを刻むなど、兵庫県のGT-Rショップとして名を馳せる「ENDLESS」。本来はGT-Rだけを取り扱うショップではないのだが、ファクトリーに入庫するのはほぼR32〜R34の「スカイラインGT-R」、もしくは現行モデルであるR35「日産GT-R」のみと、ピットはいつも専門店のような雰囲気となっている。「大阪オートメッセ(OAM)2023」には代表の杉野康人さんが全国チューニングプロショップの連合体「CLUB RH9」の西日本ブロック長であることから、今回はCLUB RH9の一員としてブース出展した。

2023年はユーザーに近いブーストアップ仕様でタイムアタックに挑戦

ブースには2台のR35にR32が1台の計3台のGT-Rを展示。さりげなくワイドボディ化されたR32はすでに紹介しているので、今回は同社のデモカーであるガンメタ(ダークメタルグレー/1号機)のR35をクローズアップしたい。

VR38DETTエンジンはHKSの4.3L排気量アップキットをベースに、同じくHKSのGT4950BBタービンを組み合わせ、最高出力1000psオーバー、最大トルク127kgmまでパフォーマンスを高めた。ここ数年はどこまで高みを目指せるかをテーマにタイムアタックイベントに参加していたが、2021年12月に鈴鹿サーキットで開催されたCLUB RH9鈴鹿サーキット走行会で、エンジンにトラブルを抱えてリタイアしてしまう。

「もう1度、同じ仕様のエンジンを搭載しようとも思いましたが、タイムアタック2号機(紫のR35)もありますから、究極はそちらに任せて、お客さまが真似できるようなブーストアップ仕様でどこまでいけるか、やってみようと考えました。以前からこの構想はありましたが、調子のいいエンジンをわざわざ降ろしてまではね。今回はいいきっかけだったかもしれません」と杉野代表。

今後増えるであろうエンジンO/Hを見越したステップアップとして提案

杉野代表にそう決断させたのは、2020年式以降に採用されている純正タービンのポテンシャルの高さもある。単なるブーストアップでも簡単に600psオーバー、周辺環境までトータルで見直せば700ps。それ以前のタービンでは考えられないほどパフォーマンス向上が狙えるのも魅力に映った。これなら大容量でも高額なNISMOタービンではなくてもいい、と判断。

「エンジンは高出力化に対応するため、ピストンとコンロッドを強化品に変更した3.8L仕様に社外カムをセットし、これにMY20タービンを組み合わせています。ムービングパーツを交換するのは、今後増えるであろうオーバーホールやアップデートを見越したているため。どうせエンジンをリフレッシュするなら、こうした仕様はどうですか? という提案も含んでいます」

ブーストアップ仕様のエンジン

「エンジンまわりとトランスミッション(今回の仕様変更でHKS強化からノーマルに戻した)以外はこれまでのデモカーのものをそのまま使い、まずは鈴鹿2分10秒切り、セントラル1分20秒切りが目標です。これは数年前のタービン交換仕様と同等ですから、十分に速いでしょう」

1 2

 


 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 


 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS