クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 100万円でポルシェが買える! 新車の国産SUVを買うより断然オシャレでカッコイイ輸入SUVを7車種お教えします
OUTDOOR
share:

100万円でポルシェが買える! 新車の国産SUVを買うより断然オシャレでカッコイイ輸入SUVを7車種お教えします

投稿日:

TEXT: 青山尚暉(AOYAMA Naoki)  PHOTO: Porsche AG/AMW編集部

じつは選び放題の中古輸入SUVモデル

アウトドアブームもあり、国産SUVがここ数年で豊富にラインナップされている一方で、現在販売されている新車を購入すると没個性的な選択になりがちだ。そこで今回は、予算100万円で狙える中古輸入SUVとそれに準じるクルマを紹介しよう。

日本の街中はSUV祭り状態

本気のアウトドア派はもちろん、クルマをシティクルーザーとしてのみ使うユーザーにも絶大なる人気を誇るのがSUVだ。これは世界的傾向で、SUV本来の使い方をしない人でも、ブームに乗っかってSUVを手に入れている時代。日本の街中も、スズキ「スペーシア ギア」、トヨタ「ライズ」、トヨタ「ヤリスクロス」、トヨタ「カローラクロス」、トヨタ「ハリアー」、トヨタ「RAV4」、ホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-5」、三菱「エクリプス クロス」、三菱「アウトランダー」などであふれかえり、まさにSUV祭り状態になっている。

つまり、これからお手頃予算で中古SUVを手に入れるとして、そうした国産SUVに手を出すと、ある意味、SUVの渦に巻き込まれ、没個性的な選択になりがちだ(古いホンダ「エレメント」などを狙えば別だが)。
そこで、予算100万円で狙える、街中でもアウトドアでも目立ち、個性を発揮しやすいSUVとして輸入SUVは選んでみてはどうだろうか。予算100万円で本当にあるのかと思いがちだが、中古車価格高騰がひと段落した今なら、けっこう選び放題なのである。

ポルシェ カイエン

100万円で狙えるハイエンド輸入SUVの1台として挙げられるのが、誰もが憧れるポルシェの「カイエン」だ。年式的には2007年前後となり、もう16年も前の中古車になるものの、ひと目でポルシェと分かる存在感、3.6Lエンジンによる怒涛の速さが大きな魅力。中古車の台数としては多くはないものの、意外に走行距離は10万km以下の個体も多く、ディーラー車、ディーラー整備車も少なくない。

VWパサート オールトラック

車格、サイズの割にはお手頃価格で、比較的整備にお金のかからない、100万円で手に入る中古輸入SUVが、フォルクスワーゲン「パサート オールトラック」だ。ベースはもちろん「パサート ヴァリアント」(ワゴン)で、年式的には2012~2014年式となる。ほとんどがディーラー車であり、全国にサービス拠点があるから、故障の発生はともかく、安心である。ただし、「ゴルフ オールトラック」と違い新車の販売台数が極端に少ないため、中古車の数も極端に少ない。

BMWミニ クロスオーバー

中古車の台数が多く、予算100万円でも比較的新しい年式の中古車が狙えるのが、BMW「ミニ」のクロスオーバーモデルだ。年式的には2012~2016年までが中古車として多く流通。走行距離3万kmといった個体もある。ゴリゴリのSUVではないものの、都会でも扱いやすいクロスオーバーモデルと言えるだろう。

BMWミニクロスオーバー

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS