クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トイ感たっぷりのトヨタ「86」は全パーツをワンオフ仕上げ! 金に糸目をつけずに仕上げたコクピットも圧巻です
CUSTOM
share:

トイ感たっぷりのトヨタ「86」は全パーツをワンオフ仕上げ! 金に糸目をつけずに仕上げたコクピットも圧巻です

投稿日:

TEXT: 先川知香  PHOTO: 先川知香

自分専用のオモチャとして購入したトヨタ「86」

「すべてのGR86/86/BRZを愛する方達と思い出に残る最高の1日を……」をテーマに、2015年から開催を続けているのが「86/BRZ SONIC」だ。今年は「GUNMA SONIC with GPS2023」として7月8日に行われ、Gメッセ群馬に220台のGR86/86/BRZが大集結。ノーマル/グリップ/ドレスアップ/ドリフトなど個性豊かなカスタム車両が勢揃いする中で、すべてのパーツをワンオフで作成し、驚くべき完成度で異彩を放つNASCAR風「86」を紹介しよう。

「オモチャみたい」と言われるのが最高の誉め言葉

多くのカスタム「86」が集結する中で、ミニカーをそのまま実車化したようなトイ感満載のカスタムが施された「86」が注目を集めていた。このレイトンブルーが印象的な86のオーナーが“まさやん”さんだ。

“まさやん”さんは、昔からカスタムへのこだわりが強く、以前はファミリーカーと兼用でフルカスタムしたトヨタ「エスティマ」に乗っていたが、自分専用のオモチャとして使用できるクルマが欲しいと奥さまを必死に説得。仕事を頑張るという条件で購入したのが86であった。

「お世話になっているディーラーの店長から『何か1台買って』と頼まれたこともあり、ちょうどロケットバニーのYouTubeを見てカッコイイと思っていた86を購入しました。もともとクルマはカスタムして乗る主義なので、注文と同時にカスタムを開始。レーシングカーに乗って煙草を買いに行くというコンセプトでつくったのが、この車両です。お金に糸目は付けずに仕上げました。素人受けではなく、いろいろな知識を持つプロの人たちが驚くような完成度の高さが自慢の1台に仕上がっています」

そんな“まさやん”さんがとくにこだわったのは「可愛さ」。「オモチャみたい」と言われるのが、とても嬉しいそうだ。

NASCAR風ゼッケンの書体で「33」を描く

ちなみにボディに描かれた「33」の数字は、数年前に他界された母親と妹さんの名前である「ミツコ」と「ミユキ」から取ったゼッケンナンバー。NASCAR風ゼッケンの書体をセレクトしたのも、こだわりポイントだ。

そしてホイールも、完全なオリジナル。フロントはマツダがル・マン24時間レースで優勝を果たした「787B」に装着されていたターボフィンホイールを、日本の法律に則ったうえで可能な限り再現したスタイルとなっている。リム部分にゴールドをチョイスした理由は、ブレーキダストが目立たないようにするためだ。

リアホイールは、全日本ツーリングカー選手権などで戦っていたグループA車両の「GT-R」などに採用されていたような、武骨な印象のホイールをワンオフで製作。さまざまなレースカーカテゴリーの中からいいとこ取りをする形で“まさやん”さん理想のレーシングカールックが具現化され、細部までこだわり抜いた1台に仕上がっている。

カスタムは各パートで一流どころのショップに依頼して、一気に仕上げるそう。今回披露してくれた可愛いレーシングカールックカスタムも、これにてコンプリートとのことであった。

すべて表示


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS