クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 子弟対決を制したKANTAが今期初優勝!「フォーミュラドリフトジャパン」第5戦はチームオレンジがワンツーでした
SPORT
share:

子弟対決を制したKANTAが今期初優勝!「フォーミュラドリフトジャパン」第5戦はチームオレンジがワンツーでした

投稿日:

TEXT: 高橋 慎一  PHOTO: フォーミュラドリフトジャパン

「MOTOR GAMES」として奥伊吹で開催!「FMX SHOW CASE」も併催

アメリカ発のドリフト競技「フォーミュラドリフトジャパン」の第5戦が、2023年8月19日(土)~20日(日)に、滋賀県のグランスノー奥伊吹で行われた。前回に引き続き「MOTOR GAMES」として、バイクが空を舞う「FMX SHOW CASE」も同時開催された。

ストリート感覚で走行できるグランスノー奥伊吹で開催

フォーミュラドリフトジャパンのシリーズは基本的にサーキット(国際サーキット&ミニコース)で行われているが、今回のラウンドの会場となったグランスノー奥伊吹は、スキー場敷地内の道路と駐車場を使用して行われている。それだけにエスケープゾーンはほぼ無いというリスキーなコースでの戦いとなった。

このグランスノー奥伊吹を使用して行われるようになったのはフォーミュラドリフトジャパンのシリーズ戦2年目の2016年で、今回で8回目の開催となる。そびえ立つ崖手前が1コーナーとなっており、そこから駐車場に入る橋を通過して駐車場内に設定されたコースを抜け、また橋を通って下っていく。さらに駐車場内のコースもコンクリートウォールで囲まれており、コンクリートウォールギリギリでドリフトしながら抜けていく様は圧巻だ。スタート地点も上り坂に設定されているので、サーキットとは違ったテクニックも要求される。1コーナーの崖上駐車場に設置されたスタンド席もコースの真上にあり、まさに走る側だけでなく観る側もストリート感覚で楽しめる唯一のコースである。

そんなコースだからクラッシュも尽きない。今回も予選前日に行われた公式練習で、FD3Sに乗るマッド・マイクが全損級のクラッシュをしてしまう。しかし翌日の予選開始前にはほとんど何事もなかったような姿で登場したことで、その不屈の精神にドライバーはもちろんのことメカニックにも賛辞が送られた。

予選は高得点が続出! 単走優勝に輝いたのは小橋選手

ドライ路面で行われた予選は、1本目から高得点が続出。24番手でスタートした真野修一(PS13)が87ポイントを獲得しトップに立つも、その後KANTA(JZX100)が91点、さらにシリーズランキング1位の箕輪大也(GRヤリス)が94点を出してトップが目まぐるしく入れ替わる。このまま箕輪大也がトップで終了かと思われた2本目、小橋正典(A90)がトップタイとなる94ポイントをマーク。箕輪大也が2本目にミスを出し0ポイントとなった時点で、1本目に81ポイントを獲得した小橋正典が初の単走優勝に輝いた。この単走優勝で小橋正典は「やっと単走優勝が出来ました。KANTAに単走でも勝てたことが嬉しい」とコメントを残すが、これが決勝戦をさらに盛り上げる結果となる。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS