クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 伝説のフェラーリF1のジュニアカーはおよそ500万円弱! ニキ・ラウダの「312T2」をそっくそのまま1/2サイズで完コピしました
CLASSIC
share:
伝説のフェラーリF1のジュニアカーはおよそ500万円弱! ニキ・ラウダの「312T2」をそっくそのまま1/2サイズで完コピしました

伝説のフェラーリF1のジュニアカーはおよそ500万円弱! ニキ・ラウダの「312T2」をそっくそのまま1/2サイズで完コピしました

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

小さなクラシック・フェラーリF1マシン、でも価値は小さくない?

クラシックカー/コレクターズカーのオークション業界における世界最大手であるRMサザビーズ。2023年8月下旬に開催した「Monterey 2023」オークションに出品された、1/2サイズのフェラーリ「312T2」について、お話しさせていただきたい。

ニキ・ラウダの世界タイトル獲得を記念して作られたジュニアカーとは?

「チルドレンズ・カー」ないしは「ジュニアカー」は、しばしば呼ばれる「キッズカー」よりは、少しだけ対象年齢が高めのものを指していう言葉のようだ。これらのモデルの一部には、モデルとなる「ホンモノ」のクルマの再現度や作り込みの精巧さなど、子ども用のおもちゃの領域をはるかに凌駕し、コレクターズアイテムないしはアート作品のレベルに達したものも少なくない。

そして、これらのチルドレンズ・カーだけを蒐集するコレクターは欧米には数多く存在するばかりか、専門のミュージアムもいくつか設立されており、国際オークションでは重要なアイテムとして取引されているのだ。

今回のオークションに出品されたジュニアカーは、1976-77年シーズンにF1GPを闘った、フェラーリ312T2を小型化したものである。

1974年シーズンから、フェラーリF1チームに正式加入したニキ・ラウダは、翌1975年シーズンに312Tを駆り、フェラーリにとっては11年ぶりとなるドライバーズ・チャンピオンに輝いた。これを記念して、ボローニャの「ItalyCar」社は1/2スケールのフェラーリ312 T2ジュニアカーを製作することになった。

ItalyCar 312 T2ジュニアカー

もともとこのジュニアカーは、ItalyCar社の経営者が自身の小さな娘のために開発したものだったとのこと。そして彼は、スクーデリア・フェラーリの主要サプライヤーに多くのアイテムの1/2スケール版を供給してもらうことになった。MOMO社製ステアリングホイールからグッドイヤー社製スリックタイヤまで、フェラーリF1チームが使用したものの縮小版が採用されている。

さらにItalyCar社は、このジュニアカーのシリーズ生産化に乗り出し、ニキ・ラウダとフェラーリ312T2が2度目の世界タイトルを獲得した1977年のボローニャ・モーターショーにて初披露された。

ショー会場に招かれたニキ・ラウダは、自身のチャンピオンマシンの縮小版をひと目で気に入り、自分の息子のためにオーダーしたものの、悲しいことにItalyCar社の親会社が破産してしまったことから、わずか5台しか販売されなかったといわれる。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS