クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 納屋物件「ディーノ206GT」が約6700万円! オンボロでも「腐ってもフェラーリ」高額の理由を解説します
CLASSIC
share:

納屋物件「ディーノ206GT」が約6700万円! オンボロでも「腐ってもフェラーリ」高額の理由を解説します

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

魅力的なオリジナルカラーをまとった1台

2023年8月の「モントレー・カーウィーク」に際して開催されたオークション群に出品された数多くのクルマの中で、もっとも大きな話題を呼んだのはRMサザビーズ「Monteley」オークションの目玉企画となっていた「Lost & Found Collection」。いわゆる「バーンファインド(納屋で発見)」された、20台のクラシック・フェラーリたちだった。

レストアベースのディーノ206GT

このコレクションは、さる有名コレクターのもとにあった2004年、フロリダ州を襲ったハリケーン「チャーリー」で被災してしまったのち、伝説的なインディアナポリス・モーター・スピードウェイ近隣の巨大倉庫に秘匿されたまま現在に至るという、とても数奇な運命をたどってきた。

今回俎上に乗せるフェラーリは、近年では億越えの取り引きが当たり前となってしまった「ディーノ206GT」。一般的にはレストアベースに過ぎないバーンファインド車に、いかなる評価が下されたのかを検証してみよう。

エンツォの愛息が残したエンジンを載せた、初の市販ピッコロ・フェラーリ

1960年代半ばに「ディーノ」を冠した初のフェラーリ・ストラダーレがデビューしたとき、「小さなフェラーリ」というアイディア自体は、少なくともレースの世界ではすでに実績のあるものだった。

エンツォ・フェラーリの長男、「ディーノ」ことアルフレッドはV型6気筒エンジンの熱烈な支持者であり、フェラーリ初のV6エンジンのアイデアを起案したことで知られているものの、残念なことに彼はその完成形を見ることはできなかった。

デュシェンヌ型筋ジストロフィーと診断されたディーノ・フェラーリは、病魔が体をむしばむなか、病床でたゆまぬ努力を続けたのだが、1956年に24歳の若さで悲劇的な最期を遂げたのだ。

そして、ディーノV6エンジン搭載車とともにモータースポーツで一定の成果を挙げたのち、かねてからポルシェに真っ向から挑む市販車を望んでいたエンツォ・フェラーリ翁は、最愛の息子が進めていたプリンシプルを用いて、ゼロから新しいスポーツカーを設計することを、配下の開発チームに課した。

こうして誕生したディーノ206GTは、ミッドエンジンレイアウトを採用したフェラーリ初の市販モデルであり、V型6気筒エンジンを搭載した初のモデルでもあった。

ディーノ206GT

ディーノ206GTは、当時としては先進的なオールアルミ製の軽量構造、気品のあるハンドリング、力強いV型6気筒エンジン、そして時代を超越した美しいスタイリングまで兼ね備えた、真のドライバーズカーであった。

アルド・ブロヴァローネとレオナルド・フィオラヴァンティによるデザインビジョンは、名高いカロッツェリア「スカリエッティ」のワークショップで具現化され、ピニンファリーナの製図によるゴージャスで流麗・豊満なラインは、すべてアルミ合金で形成された。

かくして、亡き愛息の夢を実現させたエンツォ翁は、自身のシンボルである跳ね馬ではなく、ディーノ自身のサインがノーズを飾るのがふさわしいと考えた。そして現在、多くのフェラーリ通が206GTをより個性的で重要なディーノGTモデルとみなしている。

また、より大きくて重い246GTにシフトするまで、1967年から1969年にかけて生産されたオールアルミ製ハンドビルドの206GTは153台(ほかに諸説あり)で、フェラーリ製ストラダーレの中でも、もっとも希少なモデルのひとつであることは間違いあるまい。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS