クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 「グレンリオ」はテキサスかニューメキシコか? 州境のゴーストタウンに人影が復活したのは大麻販売店がオープンしたから!?【ルート66旅_25】
LIFE
share:

「グレンリオ」はテキサスかニューメキシコか? 州境のゴーストタウンに人影が復活したのは大麻販売店がオープンしたから!?【ルート66旅_25】

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭(SATO Kei)  PHOTO: 佐藤 圭

  • シカゴからロサンゼルスを結ぶルート66のほぼ中間、テキサス州とニューメキシコ州をまたぐゴーストタウンがグレンリオだ
  • メイン・ストリートだったルート66の沿線には、かなりの数の廃屋が立ち並んでいる。ここも何かしらの店舗だったのだろうか
  • モーテルの部屋数はそこそこ多かったようだ。中庭に取り残されたレトロな洗濯機が、ノスタルジックな気分を掻き立ててくれる
  • 小さいが昔はガスステーションだったのだろうか。屋根はボロボロで崩落する寸前だが、木の柱は今も立派にそびえ立っている
  • グレンリオを西に抜けると未舗装路がどこまでも続く。ルート66が現役だった当時のクルマに合わせてか道幅もかなりタイト
  • かつて鉄道が通っていた橋梁も、今は木製の脚だけが取り残されている。雨があまり降らない気候だけに傷みにくいのだろうか
  • ボロボロになった線路の枕木。ルート66を走るクルマはほとんどいないので、なんの気兼ねもなく路上駐車できるのがありがたい
  • ポータブルナビの画面には「ヒストリック・ルート66」の文字が。30マイル(約50km/h)くらいでゆっくり走るのがよく似合う道だ
  • やっと未舗装の区間が終わった。ニューメキシコ州の標識を見つけて、なにやらホッとした気分になる。次の街はもうすぐそこだ
  • インターステート40号線のテキサス側で最後の出口を降りればグレンリオ。ルート66は現在でも街の中心を通り抜けている
  • ほとんどの看板にたくさんの弾痕が残されている。決して治安が悪いわけじゃないが、何とも空恐ろしさを感じてしまう風景
  • 土盛りの上からルート66を眺める。数十年前はアメリカを代表する大きな交通網がふたつも通っていたとは信じられない景色
  • かつては旅人で賑わったモーテルも今は廃墟。東からは「テキサス最後のモーテル」で、西からは「テキサス最初のモーテル」だ

州をまたぐゴーストタウン「グレンリオ」と長い未舗装路

広大なアメリカを東西2347マイル(3755km)にわたって結ぶ旧国道「ルート66」をこれまで5回往復した経験をもつ筆者が、ルート66の魅力を紹介しながらバーチャル・トリップへご案内。シカゴを出発して西に向かい、イリノイ州からミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、そして中間地点のテキサス州を経て、ニューメキシコ州へ入ります。まずは州境のゴーストタウンをご案内します。

大昔はルート66と鉄道が通って栄えたが……

ちょうど中間地点に当たるエイドリアンを過ぎると、マザー・ロードはニューメキシコ州へと突入する。その前に必ず立ち寄りたいのが州境をまたぐ、グレンリオという名前のゴーストタウンだ。

街が成立したのはルート66が完成する前の1903年、その後はロックアイランド鉄道の駅も設けられ、西と東を行き交う旅人の宿場町として繁栄する。それ以前は鉄道会社にちなんだ「ロックアイランド」という名前だったらしいが、1908年に改名され鉄道がなくなり、ゴーストタウン化した今も変わっていない。

交通の大動脈をふたつ擁したグレンリオだが、徐々に歴史の本流から外れていくことになる。まず1955年からは鉄道がグレンリオに停車しなくなり、インターステートの開通でクルマで立ち寄る人も激減した。当然ながらここでビジネスを営んでいた住人たちも街を出ざるを得ず、最後まで残っていた商店も1975年ごろにクローズしてしまう。ゴーストタウンになった正確な時期は不明だが、おそらく1980~1990年ごろではないだろうか。

テキサス州とニューメキシコ州、いったいどっち?

誰かにグレンリオの話を聞かれたときにいつも困るのは、テキサス州とニューメキシコ州のどちらに所属するかだ。Googleマップを見ると街であったエリアのほぼ中心に州境があり、ウィキペディアには「Glenrio, New Mexico and Texas」と記載。昔は税収などをめぐり論争が繰り広げられたが、資料を見る限りテキサス州というのが結論のようだ。

廃モーテルには東向きで「First Motel in TEXAS」の看板があり、そして反対の西向きは「Last Motel in TEXAS」だったそうだ。ただし現在のグレンリオ・ビジターセンターはニューメキシコ州。まだ帰属の議論は続いているのかもしれない。

かくして歴史の波間に消えたグレンリオだが、2007年には国家歴史登録財に指定される。もっとも見学できる施設があるわけでも、危険がないよう管理されているわけでもない。いつ崩壊しても不思議ではない建物もあるので、立ち寄る際はくれぐれも慎重に行動してほしい。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS