クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • HKSのトヨタ「GRヤリス」用のメタルキャタライザーが凄いらしい! 厳しい排気ガス基準もクリアしています
CUSTOM
share:

HKSのトヨタ「GRヤリス」用のメタルキャタライザーが凄いらしい! 厳しい排気ガス基準もクリアしています

投稿日:

TEXT: 石川大輔(ISHIKAWA Daisuke)  PHOTO: 増田貴広

  • タービン直後にある第1触媒と中間パイプにある第2触媒のいずれも交換するタイプ。理想のセル数や長さなどを吟味し、150セルを採用。第1触媒の長さは必要最小限としている。ちなみにセルとは1インチ当たりの目の細かさを指し、数値が小さいほど目が荒い=抵抗が少ないパイプ径を拡大し、排気効率を向上。セル前後には抜け止めステーを追加するなど耐久性を確保している
  • バフ研摩やTig溶接を採用するなど仕上げにもこだわった
  • パイプ径を拡大し、排気効率を向上。セル前後には抜け止めステーを追加するなど耐久性を確保している。バフ研摩やTig溶接を採用するなど仕上げにもこだわった
  • HKSマフラー開発課 森津大樹さん「排ガス浄化性能はもちろん、音量についても余裕のある設計なので末長くご愛用いただけます。ぜひお試しください」
  • 中間パイプは純正70φに対しHKSは75φに拡大。十分な厚さのステンレス材を採用するなど耐久性にも配慮。事前試験をクリアしており安心して装着できる
  • スーパーターボマフラーと同時装着したHKSフルエキゾースト仕様は最高出力18.8 psアップを達成。排圧が抑えられるためエンジンやタービンにも優しい
  • HKS触媒仕様は周波数のピーク値が100Hzほど高く、純正より高目の音質となる。また200Hz以下の低音域も強調されており、チューンドらしい力強いサウンドが楽しめる。それでいて音量は純正並みに抑えられているのもポイント。車検も安心だ
  • パワー、トルクともに全域で純正を上回る結果に。さらに注目すべきは最大出力差。中〜高回転域のパワーアップ幅が大きく、5000rpm前後では20.3psの上乗せを果たしている。これはタービン直後の抵抗が解消された証。高回転域の伸びが変わる!
  • メタルキャタライザー装着車は、直列1.6L3気筒ターボながら272ps/370Nmを発揮している
  • METAL CATALYZERは小売価格で40万7000円(適合:GXPA16、GRMNヤリスは適合外)

純正との最大出力差は約20psに到達!! 信頼性の高さもポイントだ

GRヤリスのためだけに開発されたG16E‐GTSユニット。ラリー競技で培った知見を惜しみなく注ぎ込んだ結果、直列1.6L3気筒ターボながら272ps/370Nmを発揮している。そのポテンシャルを余すことなく引き出そうと、メタルキャタライザーの開発を進めていたのが日本を代表するチューニングメーカーとして知られるHKSだ。

(初出:GR magazine Vol.07)

優れた浄化性能と大幅な排気効率を両立

NOxの排出量が多い傾向にあるGRヤリスで安心かつ安全に装着できるメタルキャタライザーに仕上げようと、なんと計16パターンの試作品を製作。WLTCモードで排気ガスの測定が可能なAVLシャーシダイナモにて、70回以上の排ガス試験を実施したという。

「第2触媒のみの仕様も検証しましたが、エンジンからの距離があるため十分な浄化性能が得られないことがわかりました。さまざまな試作品にてテストを重ねた結果、純正と同じく触媒はふたつ配置。ともに150セルと目が荒いメタル触媒を採用することで(純正はセラミック触媒。第1触媒が600セル、第2触媒が300セル)、排気効率と浄化性能を両立しています」とマフラー開発課の森津大樹さん。

さらにパイプ径についても純正が70φなのに対し、HKSでは75φと拡大。スムーズに排気が通り抜ける環境を整えることで、最高出力10.6psアップ、最大トルク19.5Nmアップと、大幅なパフォーマンスアップを果たしている。(ちなみに出力・トルク計測時の最大出力差は20.3ps、最大トルク差は26.6Nm)

純正触媒と同等の音量に抑えつつ、音質の変化が楽しめるのもメリットだ。装着後は周派数のピークが500Hz(純正は400Hz)と高めになりつつ、200Hz以下の低音域が強調され、より力強いエキゾーストノートに生まれ変わる。

ところでタービン直後に位置する触媒は高熱に晒され続ける。HKSのメタルキャタライザーでは厚さ1.5mmのステンレス材を採用。さらに純正の遮熱板を装着できる設計とするなど十分な耐久性を確保した。

まさにHKSの知見を凝縮したといえるスポーツキャタライザー。ノーマルはもちろん、ブーストアップやタービン交換とステップアップしていった際にも対応が可能な、余裕のある設計となっているのも魅力。GRヤリスオーナーにとって、末長く愛用できるこだわりの1本になり得るだろう。

METAL CATALYZER

価格:40万7000円(小売価格)(適合:GXPA16、GRMNヤリスは適合外)

すべて表示

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS