クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • ディーノ「246GT」が5000万円オーバー! 元色レッドでスペアエンジン搭載という条件でも高値安定の理由は極上コンディションだから?
CLASSIC
share:
ディーノ「246GT」が5000万円オーバー! 元色レッドでスペアエンジン搭載という条件でも高値安定の理由は極上コンディションだから?

ディーノ「246GT」が5000万円オーバー! 元色レッドでスペアエンジン搭載という条件でも高値安定の理由は極上コンディションだから?

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万5625ユーロ(邦貨換算約5310万円)で落札されたディーノ「246GT」(C)Courtesy of RM Sotheby's

最終型のディーノが出品

現在でも、多くのファンの心を捉えて離さない、ディーノ「246GT」。RMサザビーズのミュンヘン・オークションには、ブルー・キアロと呼ばれるファクトリー純正のボディカラーに、ネロのインテリアを組み合わせたフルレストア済みとなる1974年式のモデルが姿を現した。ここではまずはディーノ246GTの歴史を簡単に振り返りながら、このモデルの価値を再考してみることにしたい。

1969年にデビューしたディーノ246GT

246GTの前身である206GTは、ディーノ・ブランド初のロードカーとして、1967年のトリノ・ショーで発表された。そのデザインの基本的なシルエットは、それに続いて1969年にデビューした246GTのそれと変わらないが、206GT時代には昔ながらのアルミパネルを叩いてボディパネルを成型するという手法が採用されるなど、生産効率は高いとはいえなかった。搭載エンジンは206の数字からも分かるように、2LのV型6気筒DOHC。最高出力は当時180psと発表されていた。

そのディーノ206GTが最大のライバルとしていたのは、ポルシェ911にほかならなかった。そのためフェラーリはディーノ206GTをわずか150台生産したのみで、さらに進化させたモデルを企画。前に触れたように1969年に、2.4LのV型6気筒DOHCエンジンを搭載し、195psを獲得したディーノ246GTをデビューさせたのだ。

ホイールベースは206GTからさらに60mm拡大され、それに伴ってボディサイズも全長で85mmほど拡大されている。この246GTのファーストモデルは一般に「Lシリーズ」と呼ばれ、マニアの間ではその評価は非常に高い。

この頃すでにフィアットのコントロール下に入っていたフェラーリの量産車部門にとって、次の課題は生産をいかに効率的に行うかにあった。そのために最も作業時間がかかるボディの製作をプレス機械で行うことを決断した。

1971年の中盤からそれが採用されたモデルは「Mシリーズ」と呼ばれる。そしてこのMシリーズの生産が行われた1971年の終盤には、その後1974年まで生産が続く「Eシリーズ」が登場。今回の出品車はこのEシリーズの246GT。しかも1973年式と最終期に近いモデルである。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS