クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 本格エンジンチューンが得意な「JUNオート」がライトな仕様を提案!「GR86」は誰もが楽しめる1台です
CUSTOM
share:

本格エンジンチューンが得意な「JUNオート」がライトな仕様を提案!「GR86」は誰もが楽しめる1台です

投稿日:

TEXT: 山崎真一(YAMAZAKI Shinichi)  PHOTO: 山崎真一(YAMAZAKI Shinichi)

  • JUNオートのデモカーの証であるイエローのカラーリングが特徴的なGR86
  • さりげない雰囲気のサイドステップ
  • 純正バンパーの形状を活かしつつ空力性能を向上
  • エンジンパーツも展示。第2世代スカイラインGT-R向けとなる2.7L KITクランクシャフト
  • 第2世代スカイラインGT-RのRB26エンジンを2.8L化する87mmの鍛造アルミピストンキット
  • エンジンをリフレッシュさせる加工も得意。写真はVQ35HRを例にしたサンプル
  • ディフューザー形状としたことで空力性能も高めている
  • 大きなGTウイングが目を引くが純正+αなスタイリングが特徴

ユーザーに寄り添ったチューニングを提案

2024年2月10日〜12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2024」に出展した「JUNオートメカニック」。内燃機関加工のパイオニアである「田中工業」を母体に持つ、ほかとは一線を画するチューニングショップです。ゆえにエンジンチューニングに並々ならぬこだわりを持ち、度肝を抜くハイパフォーマンスカーを幾多も製作。つねにチューニングシーンを賑わせてきた名門中の名門です。40代以上のクルマ好きならJUNオートメカニックの名前を一度は耳にしたことがあるはずでしょう。

エンジン本体はノーマルで走る楽しさを追求

ハードなチューニングで有名なJUNオートメカニックだが、最近は少し方向を転換。主軸である田中工業は高性能/高出力に耐えうるチューニングパーツの開発や内燃機関の加工を請け負う体制は変わらない。だが、JUNオートメカニックが手がけるマシンメイクは、鈑金塗装、ボディ補強部門であるJUNオートワークスとタッグを組み、エアロパーツの開発、製造に本腰を入れて、ユーザーに寄り添ったトータルチューンを柱のひとつとして提案している。

今回大阪オートメッセに持ち込まれた現行のトヨタ「GR86」(ZN8型)もその流れを組むデモカーで、JUNオートメカニックのイメージカラーであるイエローのボディがただものではない雰囲気を醸し出す。装着されているオリジナル商品は、ウエットカーボン製エアロパーツ(フロント/サイド/リア/ボンネット/サイドミラー)、リアウイングはSARDのLSRウイングという構成だ。

パワー系はトラストのエキマニ/キャタライザー/マフラーに、EcuTekによるエンジンマネージメントプログラムの変更のみというライトチューン仕様(233ps/27kgm・実測値)で、本格エンジンチューンを得意とするJUNオートメカニックのデモカーでありながら、エンジン本体に手が加えられていないことに時代の流れを感じる。

足まわりとブレーキはコストパフォーマンス性能に優れるD2 JAPAN製。このあたりもユーザーファーストのチョイスであることが窺い知れる。

エアロパーツは純正を活かしながら空力性能を高める

「デモカーを導入したら、真っ先にラインアップに加えるのがエアロパーツ。現在は内製で製作しており、技術の進歩により、以前よりも製品化までの期間も短くなりました。対して、エンジンパーツはマネージメントの複雑化、環境性能対応エンジンが増えたことで、製造に特殊な機械が必要となるなど、商品化までにより時間を要するようになっています」

と担当者は語る。

エアロパーツについてはフルバンパーではなく、純正バンパーをよりカッコよく仕立てることをコンセプトにしており、フロントディフューザー/サイドステップ/リアディフューザー/ボンネットが主力アイテム。ただ、ビジュアルでなく、性能が最優先。ただのリップではなく、ディフューザーとしたこともそのひとつで、最小限の変更で、ダウンフォース/整流効果が得られるようにデザイン。そのあたりは、自社製造の強みといえるだろう。

リアビュー

また、先代の86でも好評を博した強化リアサスペンションメンバーは、現在市販に向けて最終調整中。純正をベースとしながら各部に補強を加え、剛性アップとアライメントの最適化を両立させている。サーキットなどのハード走行で、絶対的な安心感を加えてくれる優れモノだ。

今後は、サーキットのタイムアタックなどに参加し、GR86の性能を引き出すべくテストを重ねるというから、新たなパーツ開発&リリースを楽しみに待ちたい。

すべて表示


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS