クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「トムス」のレストモッド「スープラ」に予想以上の反響!「アルファード」と「プリウス」も大阪での手応え十分以上でした
CUSTOM
share:

「トムス」のレストモッド「スープラ」に予想以上の反響!「アルファード」と「プリウス」も大阪での手応え十分以上でした

投稿日:

TEXT: 雪岡直樹(YUKIOKA Naoki)  PHOTO: 雪岡直樹(YUKIOKA Naoki)

  • 大阪オートメッセ2024に初出展したトムス
  • トムスのエアロキットを装着した新型プリウス
  • 足まわりはAdovox Sportsを装着
  • スタイリングパーツセットは37万8400円
  • 空力にもこだわっているスタイリングパーツセット
  • 鍛造アルミホイール「TWF03」
  • 前後ともに19×8.5J+43。10万1200円/1本
  • レストモッドされたA80スープラ
  • TRDのワイドボディキットを装着
  • オリジナルデザインのホイールを装着
  • 大型リアウイングが目を引く
  • 足まわりはAdovox Sports
  • 特徴的なダクトが設けられたボンネット
  • カラーリングが特徴的なアルファード
  • トムスのスタイリングパーツセットが装着されている
  • 鍛造アルミホイール「TWF05」をセット
  • サイズは前後ともに20×8.5J+45
  • 細かな意匠がデザインされたサイドステップ
  • リアのスタイリングも圧巻だ
  • マフラー部のデザインも特徴的だ
  • NAPAC合同ブースに展示されているレクサスLM
  • 日本古来より受け継がれた工藝、伝統文様を随所にあしらったインテリア
  • 日本古来より受け継がれた工藝、伝統文様を随所にあしらったインテリア
  • トムスとブレンボが共同開発したブレーキキットを装着。ホイールは鍛造アルミの「TWF05」
  • エアロパーツ装着でより精悍な顔つきに

大阪オートメッセ初出展のトムス、その手応えは十分

2024年2月10日〜12日にかけて開催中の大阪オートメッセへ初出展となるトムス。2月は各カテゴリーのレースの開幕に向けてのテストが本格的に始まる時期のため、トムスは今まで大阪オートメッセに出展したことがなかった。しかし、2024年で50周年を迎えるトムスは、ユーザーとコミニュケーションをとるため入念に準備を行い、満を持して大阪オートメッセに出展してきた。多くの来場者がブースに集まり、常に盛況な雰囲気を見せている。

スポーツだけではないミニバンもしっかり手がける

トムスといえばスポーツというイメージを持っている方が多いと思われる。そんななか「トムスのミニバンもかっこいいよね」と思ってもらえるように、研究と開発に相当の時間をかけてエアロパーツを作り上げてきた。

「アルファード」のフロントグリルは押し出しの強さだけを強調するのではなく、部分的にメッキを採用し街中でも映えるスマートなスタイルに仕立て、サイドやリアにもボリュームを持たせている。そして、足元を彩るために専用のホイールを製作した。キラリと輝くホイールは昼間だけでなく夜でもその存在感を示す。ホイールの中にはトムスとブレンボが共同開発したブレーキキットが装着されているのもポイントだ。

アルファード

さらにノーマルの車高を変えることなく、操縦性が良くなるスプリングを開発中とのこと。トヨタセーフティセンスなどの安全支援装備に影響を与えることなく、操縦性をアップさせることを目指しているという。

まるでレーシングカーのような走りを見せるプリウス

トムスでは登場時からスポーツカーとして認識していたという「プリウス」。「ハイブリッドレーシングコンセプト」を掲げ、サーキットでのスポーツ走行もできることを目指している。

フロント、サイド、リアアンダーのエアロにはエアダクトなどを設け、空気の流れを意識している意匠が見られる。

アルファードとは一転し、「プリウス」は車高調も開発している。25mm程度下げられたスタイリングは、エアロとのマッチングも考慮しているためカッコいい姿を見せる。サーキットでの性能はもちろん、街中での快適性などももたせるため、現在鋭意開発中だという。

純正のフェンダーモールとエアロ、そしてローダウンとのマッチングもしっかり計算されて作り上げているのはさすがだ。

大注目のレストモッドスープラはこの仕様が欲しいという注文が殺到

そしてブース中央に置かれているのがグリーンのA80型「スープラ」だ。レストアされ、TRD製の「TRD 3000GT」のエアロをまとい存在感を際立たせている。これはトムスが開始した「レストア」「レストモッド」「パーツレストア」という3つのサービスを具現化したモデルである。

1994年の東京オートサロンで発表されたTRD 3000 GTは、当時のGTカーと同じエアロを身にまとい、ナンバーが装着されたロードゴーイングGTカーとして注目を浴びた。

今回トムスはレストアしたスープラにそのエアロを装備し、さらにカスタマイズを施したレストモッドマシンとして製作。トムスは大事なクルマに長く乗れるようレストアしていく事業のシンボルカーとして作り上げている。

このエアロが再販される予定はないか、といったことを多く聞かれるというが、エアロはTRD製ということもあり、トムスとしても如何ともし難いという。さらにトヨタ自動車がボディパーツなどをヘリテージパーツとして再販売などを行うこともあり、そことも協調していく必要があるため、すぐにどうこうできるものではないそう。また、この車両を売って欲しいという要望や、車両をレストアしてほしいなど多くの声が届いており、反響の大きさに驚いているという。

初出展となったトムスブースには多くのクルマ好きが集まり、大阪での熱量を相当に感じたことで、今後はトムスが大阪オートメッセの常連になるかもしれない。

すべて表示

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS