クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
CLASSIC
share:

イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 32万4000ドル(邦貨換算約4800万円)で落札されたイゾ「グリフォ シリーズ1」(C)Courtesy of RM Sotheby's

コルベット用V8を搭載したイタリア式グラントゥリズモ

クラシックカー/コレクターズカーのオークションハウスとしては最大手と目されるRMサザビーズ北米本社がアリゾナ州フェニックス市内で開催する「ARIZONA」は、規模・内容ともに、1月のアリゾナで大挙して行われるオークション群の中でも、最上級のものとして知られています。今回は2024年版の出品車両から、1960年代に隆盛を極めたアメリカ製の心臓を持つハイブリッド、アメリカ+イタリア混血グラントゥリズモの典型例であるイゾ「グリフォGL」をピックアップ。そのモデル概要とオークションレビューをお届けします。

ビッザリーニとジウジアーロのWネームで生み出されたグラントゥリズモ

1950-70年代の偉大なイタリア製グラントゥリズモのいくつかは、高級車生産とは畑違いの母体から生まれた事例も見られたが、なかでも元来は家電メーカーに端を発し、のちにマイクロカーの「イゼッタ」も開発・生産した会社から発展した「ISO(イゾ)」の起源は、かなり変わり種だったといえよう。

イゾ社は1939年から、電気冷蔵庫などの家庭用・業務用電化製品の生産を開始。第二次大戦後は二輪スクーターを生産・販売したのち、1952年にはBMWなどでもライセンス生産されることになるマイクロカーの「イゼッタ」を送り出した。

しかし、創業者であるレンツォ・リヴォルタは優秀なエンジニアであるとともに、この時代からイタリアで台頭していた高性能車にもエンスージアスト的見地から興味を抱き、自らの理想とするグラントゥリズモを開発することにした。

そこでリヴォルタは、フェラーリ「250GTO」の開発者としても知られるジオット・ビッザリーニ技師を登用する。ビッザリーニは1961年末に発生した「マラネッロ宮廷クーデター」でフェラーリを離れ、コンサルタントとしてランボルギーニなどにも深く関与していたものの、あくまでフリーランスのコンサルタント。彼の才気を得たイゾは、カロッツェリア・ベルトーネの協力もとりつけ、1962年に初の自社製4シーターGT「リヴォルタIR300」をデビューさせるに至った。

そして1963年のトリノ・ショーにて、まずは「イゾ グリフォA3/L」と名づけられた試作車として登場したのが、のちの「グリフォGL」。リヴォルタIR300よりもホイールベースを短縮したシャシーに、IR300と同じく、若き日のジョルジェット・ジウジアーロの手によるスタイリッシュな2座席ボディを与えられたスーパースポーツである。

また、同じ1963年トリノ・ショーではビッザリーニ主導のレーシングスポーツ「グリフォA3C」も発表。のちに試験的ながらレースデビューも果たす。

A3Lのパワーユニットは、IR300と同じくシボレー・コルベット用の327キュービックインチ(5.3L)のスモールブロックV型8気筒OHV。「Hi-Po」と呼ばれる350psスペックの高性能版が標準指定され、当時の市販車としては世界最速の部類に入る140マイル超の最高速度を実現していた。

ところがこの発表ののち、「グリフォ」という車名の使用権と、レース活動への関与をめぐってビッザリーニとリヴォルタは対立。パートナーシップは破綻してしまう。

それでも、イゾ「グリフォGL」のネーミングのもと1965 年のフランクフルト・ショーにて生産型を正式デビューさせたかたわら、たもとを分けたビッザリーニもA3Cを自らの名をブランドとして少量製作することになった。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS