クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
SPORT
share:

念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】

投稿日:

TEXT: 池ノ内みどり(IKENOUCHI Midori)  PHOTO: 池ノ内みどり(IKENOUCHI Midori)

  • モーターホームでレース観戦するのも醍醐味
  • 屋根にいるのは招き猫!?
  • キャデラックファンのレース観戦スタイル
  • カスタムされたコルベットはパドックでも存在感MAX
  • まったりと過ごすマダムと愛犬
  • 味のあるバンで観戦するファンも
  • メカニックにより移動させられるBMW M Hybrid V8
  • レーススタートまでコース脇にはまったりと過ごす人たちであふれる
  • 寝っ転がったり散歩したり、楽しみ方は人それぞれ
  • 優勝者にはトロフィとロレックス・デイトナがプレゼントされる
  • フードコートも大充実
  • BMW M4 GT3を走らせたターナーモータースポーツのピット
  • 85号車 JDC-Miller MotorSports Porsche 963
  • バンクを駆け抜ける姿は圧巻
  • BMW M Hybrid V8は大きなキドニーグリルが特徴
  • パドックには往年の名車がズラリ!
  • レースファンをお出迎えしてくれる嬉しい演出もアメリカらしい!
  • テレビを持ち込み映像でも確認するツワモノも!
  • キャデラックは最新モデルを展示し来場者へアピール
  • メンテナンスを受けるBMW M Hybrid V8
  • 現地の移動手段は、贅沢にもBMW M4カブリオレ
  • ファイアーオレンジはフロリダの街並みにも映える
  • どこを走っても絵になる!
  • 存在感あるスタイリングとオレンジのボディカラーは目立ち度120%
  • サーキットへの移動中に迫る、大型キドニーグリルを備えたXM
  • ドライブしていたのは、BMW M GmbHのファン・メール代表!
  • 筆者の乗るBMW M4カブリオレと
  • ガソリンは1ドル150円計算で、1Lあたり123円。日本より安い……
  • デイトナ24時間レースなどのステッカーも多数。筆者は買うのを忘れてしまった……
  • 誘惑だらけのフードトラック……
  • ドライバーの彼女は恐竜のキグルミと同じ色の服に身を包み……
  • メカニックたちも愉快な格好でお祭りを楽しむ!
  • 日本人として唯一参戦した、ケイ・コッツォリーノ選手
  • メディアセンターでプレス向けに提供されたスイーツ。めちゃ甘!
  • プレス向けには食事も提供された。どれも美味!
  • メディアセンターにはドリンク飲み放題も! 暑い中の取材帰りにはオアシスのよう
  • 朝食は毎回アメリカンなパンケーキなどを堪能した
  • 2台や3台が並ぶことも多々ある
  • スターティンググリッドもファンで埋め尽くされた
  • バンクを楽しむ親子の姿も

憧れだった渡米に大興奮

2024年の1月は日中の最高気温−5℃前後という日が続き、久々にとても寒い冬日となったミュンヘンですが、2月はそれがすっかりウソのような春の陽気が続いています。そんな極寒の日々が和らいだある日、真冬のドイツを抜け出してマイアミへと飛びました。アメリカに旅行されたことがある方も多いと思いますが、初めて行くアメリカに私はドキドキがマックス。それも長年願い続けていたデイトナ24時間レースの生観戦がやっと叶った日でもあったのです。

レーススタートまではコース脇でピクニックを楽しむ家族も!

初渡米にコーフンしていたのか、飛行機の中では11時間20分の間に一睡もできず(笑)。私より30分後にパリから到着したフランス人ジャーナリストのヴァレンティンと到着ロビーで合流し、レンタカーをピックアップ。私たちに用意されていたのは、長旅でぐったりしたアタマとカラダも吹っ飛ぶ鮮やかなファイヤーオレンジのBMW「M4 コンペティション カブリオレ」!

キーを受け取ると、素早くスーツケースをトランクに積み、真っ暗なハイウェイ95をひたすらまっすぐ、デイトナビーチのホテルまでの268マイル(約431km)をノンストップで駆け抜けました。とは言っても、私は今回の旅では助手席でゆっくりさせてもらうだけでしたが……。

ホテルに着いたのが夜中、シャワーを浴びてすぐベッドにもぐり込むも、翌朝の起床時間は6時半でまだ真っ暗。長い1日に備えて朝からがっつりバイキングで腹ごしらえです。日本にもヨーロッパにもあるのに、やっぱりベーグルやパンケーキに飛びついちゃいますね。陽が上る頃にヴァレンティンとM4でサーキットを目指します。

サーキットまでの道中では、一度見たら忘れられない、あの傾斜が激しいバンクで有名な巨大なグランドスタンドが見えて、テンションマックス! これまた驚く事に、サーキット手前のセキュリティの方から、みなさん本当に笑顔でフレンドリー。ヨーロッパに住んでいると、いまでもアジア人に対して「ん?」となる方もおられるのですが、短い滞在中でしたが、デイトナではそんな体験を一度もすることはありませんでした。

グランドスタンド

スパ、ル・マン、ニュルブルクリンクといったヨーロッパの有名24時間レースのスタートは大体午後3時や午後4時頃が多いのですが、なんとデイトナのスタートは午後1時40分と随分早めです。グリッドプレゼンテーションの時間はたっぷり取ってあり、デイトナ特有なのでしょうか、グリッド横の芝生に寝転んだり、ピクニックをしたりとかなり自由です。

そして、31度というかなりの急傾斜のバンクでも自由に楽しむ人々で大賑わい! ヨーロッパの24時間レースのスタートグリッドも相当な人出で、例えるならば、昭和の原宿竹下通り、またはピーク時の埼京線のような賑わいなのですが、さすがに家族でピクニックや寝転んでいる人たちはいません。アメリカのレース文化に初めて触れて、とてもステキだなと思いました。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS