クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 雨でNGのレース用スリックタイヤで氷上が走れた! 溝がないのに意外と速く走行できた理由とは【Key’s note】
CUSTOM
share:

雨でNGのレース用スリックタイヤで氷上が走れた! 溝がないのに意外と速く走行できた理由とは【Key’s note】

投稿日:

TEXT: 木下隆之(KINOSHITA Takayuki)  PHOTO: AMW

  • 氷上走行のイメージ
  • ハイパワー車でも氷上で走りを楽しめる
  • NISSAN GT-Rでも氷上の走りを楽しめる
  • タイヤと氷が吸い付くとあっても、油断は禁物
  • 車重のある大型SUVでは安定感ある走りを披露する
  • キンキンに冷えた氷だけの路面であれば、タイヤが氷に吸い付いてスリックタイヤでも走行できる
  • 溶けて水分が発生していると排水できないためスリックタイヤでは走行できない
  • 後輪駆動車でも丁寧な運転をすれば気持ちい走りを披露する
  • 氷に水が浮いてしまうと滑りやすくなる

溝のないスリックタイヤで氷上を走れる!?

レーシングドライバーであり自動車評論家でもある木下隆之が、いま気になる「key word」から徒然なるままに語る「Key’s note」。今回のキーワードは「レース用スリックタイヤは氷盤路でも速い!?」です。北海道・旭川にて、氷上を溝のないレーシングスリックタイヤで走行したという木下さん。なぜそのようなことが可能なのか? タイヤが滑る理由とともに解説します。

溝がなくても速さを見せつけた理由は水の有無

かつて国内で「マイナス41.2度」という最低気温を記録した極寒地、北海道・旭川の氷上を、レーシングスリックタイヤで走行したことがありました。

レーシングスリックタイヤは、トレッド面に一切の溝が掘られていません。ドライ路面のサーキットを速く走るためだけに開発したタイヤです。最高のグリップ性能を発揮しますが、それはあくまで乾いたドライ路面に限った話であり、ひとたび雨が降ればほとんど機能しません。

ドライでのレース中に突然降雨があると、スピンが多発します。ほとんどのドライバーが走行不能になり、トレッド面に溝が掘られてあるウエットタイヤに履き替えるためピットに飛び込んできます。そんなレースシーンを見かけたことも少なくないことでしょう。

ウエット路面をスリックタイヤで走行すると、多くのドライバーは「まるで氷の上を走っているみたいだ」と、グリップ力の低さをたとえます。そんなレーシングスリックタイヤで、氷上を走ったのですが、意外にも、かなりの速さを披露しました。むしろ、スノーロードでのグリップ性能を確保するために開発したスタッドレスタイヤより速く走れたのです。不思議なことですよね。

そんな不可解なことがあるのでしょうか。それは、タイヤが滑るというメカニズムを聞けば納得してもらえるはず。タイヤが氷盤路で滑るのは、路面とタイヤの間に水が発生するからです。水に乗ったことでタイヤが浮き上がり、タイヤのコンパウンドが接地を見離します。そのためタイヤが滑るのです。

氷上を走るRZ34

それを回避するため、スノータイヤのトレッド面には無数のサイプが刻んであります。ミクロの世界ではありますが、氷上に浮いた水の膜を細かく刻んだサイプが吸い上げ、可能な限りタイヤが路面に接するように作用してくれます。

スノータイヤにシリカという物質が混ぜ込まれていますが、その物質にはミクロの空間があり、その気泡のような隙間に水の分子が入り込みます。トレッド面のサイプと同様に、水を吸い取ることで氷盤に吸着します。そうです、氷路で滑るのは、水の膜が悪さをしているのです。

そこで冒頭の、氷盤路をレーシングスリックタイヤで走っても速かった、の件ですが、極寒の気温は氷点下20度に達しており、氷が溶けにくかったのです。冷たい氷に皮膚が吸着するような体験をしたことのある方も多いでしょうが、イメージ的にはあの感覚です。タイヤが氷盤に吸い付いてしまったのです。

正確に報告しますと、アクセルペダルを強踏み込むとタイヤが空転します。すると摩擦熱が発生し、さすがにマイナス20度といえども水膜が発生、劇的にグリップダウンしたのですが、ソロソロとおびえるように走っている限り、発熱による溶解がなく、驚くほど高いグリップ性能を発揮したのです。

スリップのメカニズムは不思議ですね。北国にではまだまだ降雪があります。雪路を走行した時に、このコラムの話題を思い出してくだされば幸いです。

すべて表示
  • 木下隆之(KINOSHITA Takayuki)
  • 木下隆之(KINOSHITA Takayuki)
  • 1960年5月5日生まれ。明治学院大学経済学部卒業。体育会自動車部主将。日本学生チャンピオン。出版社編集部勤務後にレーシングドライバー、シャーナリストに転身。日産、トヨタ、三菱のメーカー契約。全日本、欧州のレースでシリーズチャンピオンを獲得。スーパー耐久史上最多勝利数記録を更新中。伝統的なニュルブルクリンク24時間レースには日本人最多出場、最速タイム、最高位を保持。2018年はブランパンGTアジアシリーズに参戦。シリーズチャンピオン獲得。レクサスブランドアドバイザー。現在はトーヨータイヤのアンバサダーに就任。レース活動と並行して、積極的にマスコミへの出演、執筆活動をこなす。テレビ出演の他、自動車雑誌および一般男性誌に多数執筆。数誌に連載レギュラーページを持つ。日本カーオブザイヤー選考委員。日本モータージャーナリスト協会所属。日本ボートオブザイヤー選考委員。
著者一覧 >

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS