クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 930馬力の怪物はメルセデスAMG「S63 E」がベース。ブラバス「930」の0-100km/h加速は驚異の3.2秒!
CUSTOM
share:

930馬力の怪物はメルセデスAMG「S63 E」がベース。ブラバス「930」の0-100km/h加速は驚異の3.2秒!

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: BRABUS

  • ブラバスシグネチャーカーボンがインテリアにアクセントを添える
  • シートには「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターンを採用
  • リアシートもフロント同様に「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターンを採用
  • ブラバスシグネチャーカーボンがインテリアにアクセントを添える
  • 「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターン
  • インテリアの照明に合わせて変化するイルミネーションは、ドアシルトリムにも採用
  • サイドサポートにはブラバスのロゴも
  • 1977年に創業したブラバスを象徴する「77ロゴ」も入る
  • 「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターン
  • ステアリングのスポークには「シグネチャーカーボン」を取り入れている
  • 「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターン
  • インテリアの照明に合わせて変化するイルミネーションは、ドアシルトリムにも採用
  • ブラバスのロゴ入りアルミペダル
  • ブラバスシグネチャーカーボンがインテリアにアクセントを添える
  • ステアリングセンターには大きくブラバスの「B」が入る
  • ヘッドレストにも「B」のアクセントが入る
  • 両サイドのウインドウスイッチ周辺にもブラバスシグネチャーカーボンを採用
  • 4L V8エンジンからは最大出力930ps/最大トルク1510Nmを発揮する
  • フロアマットにもキルティングレザーを採用
  • アームレストにも同様にキルティングレザーを使用
  • 後席のエアコントリムにも
  • ブラバス カーボンフロントスポイラー
  • ブラバス ダブル「B」フロントグリル
  • ボンネット用ブラバスエンブレム
  • フロントグリル ブラバスエンブレム
  • ブラバス カーボンフロントグリルインサート
  • ブラバス カーボンフェンダーアタッチメント
  • ブラバス・モノブロック ZM プラチナム・エディション(フロントタイヤのサイズは265/35 ZR 22)
  • ブラバス・モノブロック ZM プラチナム・エディション(リアタイヤのサイズは305/30 ZR 22)
  • ブラバス カーボンリアディフューザー
  • ブラバス テールゲート用エンブレム
  • ブラバス カーボンリアスポイラー
  • トランクにもブラバスのロゴ入りキルティングレザーを使用
  • ブラバスのサイドフラップ付きフロントスポイラーは、サルーンモデルの個性的な顔立ちをさらに強調
  • スポイラーは、風洞実験による精密なチューニングにより、フロントアクスルにかかるダウンフォースを増加
  • カーボン製ディフューザーが4本出しの丸型76mmテールパイプの存在を強調
  • 控えめなリアスポイラーとともにブラバスらしいスタイルを見事に表現している
  • ブラバス モノブロック M 10本スポークデザイン
  • 内装にはスカイブルーを選択することが可能だ
  • 「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターン
  • ヘッドレストにも「B」のアクセントが入る
  • インテリアの照明に合わせて変化するイルミネーションは、ドアシルトリムにも採用
  • フロアマットにもキルティングレザーを採用
  • ブラバスのロゴ入りアルミペダル
  • トランクにもブラバスのロゴ入りキルティングレザーを使用
  • 「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターン
  • 両サイドのウインドウスイッチ周辺にもブラバスシグネチャーカーボンを採用
  • ステアリングのスポークには「シグネチャーカーボン」を取り入れている
  • アームレストにも同様にキルティングレザーを使用
  • ブラバス ダブル「B」フロントグリル
  • ルーフもスカイブルーになっている
  • 後席のアームレストにも革製品を使用
  • シートには「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターンを採用
  • リアシートもフロント同様に「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターンを採用
  • サイドサポートにはブラバスのロゴも
  • シートには「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターンを採用
  • 「シーシェル ダイヤモンド」キルティング パターン
  • シートの背もたれにはブラバスバッヂが装着される
  • 2024年3月13日にリリースされたブラバス「930」
  • リア周りはブラバスらしく控えめな演出となっている
  • エクステリアのチューニングも、スポーティでありながらエレガントなスタイルだ

わずか1秒で見る者を驚かるスタイリングに注目

2024年3月13日、ブラバスはメルセデスAMG S63 E Performanceをベースにチューニングしたモデル「930」をリリースしました。ハイブリッドシステムと組み合わせる同車のパワーユニットの最高出力は930psを発揮し、0‐100km/hは3.2秒と驚く速さです。どのようなニューニングが施されているのでしょうか。

V型8気筒ツインターボエンジンからは930psを発揮

「Vollkommen」は英語では「Perfect」に相当する「完全な」、あるいは「申し分のない」といった意味を持つドイツ語だ。このまさに自らVollkommenと宣言した、メルセデス・ベンツをベースとしたチューニングカー、いや彼らのカテゴリーではスーパーカーに属するニューモデルを先日発表したのは、メルセデス・チューナーの中では誰もが認めるハイエンドの座に君臨するブラバス。「ブラバス930」というシンプルなネーミングが与えられたニューモデルは、はたしてどれだけ魅力的であり、また完全なスーパーカーなのだろうか。

ブラバス930のベースとなっているのは、メルセデスAMGのS 63 E Performance。4Lの排気量を持つV型8気筒ツインターボエンジンは、612psの最高出力と900Nmの最大トルクを発生すると同時に、ハイブリッドモジュールを組み合わせることで、さらに188psの最高出力と320Nmのエクストラを得る。スーパー・エクスクルーシブ・サルーンを、ブラバスはいかにチューニングしていったのか。

パワーユニットは、伝統的な燃焼技術と最先端の電気駆動技術の組み合わせにより、システム全体の最高出力を930ps、最大トルクを1510Nmにまで増強。その結果オーナー自身が運転する時はもちろん、パッセンジャーとしてドライブを経験する時にも、常識を覆す、思わず息を飲むようなパフォーマンスを発見するようになることは間違いない。

駆動方式が4WDであることも功を奏して、停止状態から100km/hまでの加速はわずかに3.2秒。それが約2600kgという乾燥重量を持つヘビー級のモデルであることを知れば、驚きはさらに増すに違いない。ちなみに最高速は電子制御によるリミッターの作動で290km/hに制限されている。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS