クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 20代いすゞ「ピアッツァ」オーナーらの呼びかけで「U35」オーナーの愛車105台が集合!「YOKOHAMA CAR SESSION~若者たちのカーライフ~」とは
CLASSIC
share:
20代いすゞ「ピアッツァ」オーナーらの呼びかけで「U35」オーナーの愛車105台が集合!「YOKOHAMA CAR SESSION~若者たちのカーライフ~」とは

20代いすゞ「ピアッツァ」オーナーらの呼びかけで「U35」オーナーの愛車105台が集合!「YOKOHAMA CAR SESSION~若者たちのカーライフ~」とは

投稿日:

TEXT: 奥村純一(OKUMURA Junichi)  PHOTO: 奥村純一(OKUMURA Junichi)

  • 「YOKOHAMA CAR SESSION」を主催した3人の若者たちとそれぞれの愛車
  • 横浜赤レンガ倉庫広場で初開催された「YOKOHAMA CAR SESSION~若者たちのカーライフ~」に参加した35歳以下のクルマ趣味人たち
  • 集まった105台の35歳以下のクルマ趣味人たち
  • ネオクラ世代のドイツ車やボルボの姿も
  • 「カニ目」ことオースチン ヒーレー スプライトMk.1
  • いすゞ ピアッツァとロータス エスプリ、ジウジアーロデザインのクルマが並ぶ
  • さらなる未来のクルマ好きも楽しんでいた
  • 国籍も時代もバラバラだが若者オーナーたちの愛情が伝わってくる
  • イタリア、ドイツ、日本、フランスが並ぶ
  • レアなオペル ティグラも参加
  • 道ゆく人々も足を止めていた
  • スマート、ロータス エスプリ、日産ステージアという組み合わせもたまらない
  • 新旧ホンダの並びも良い雰囲気
  • サーブも根強い人気
  • エンジンフードを開けてのコミュニケーションも
  • かわいいフィアット500C
  • バンデンプラ プリンセスとシボレーHHRという異色の光景
  • これまた希少なシムカも若者オーナー
  • 横浜赤レンガ倉庫の広場に105台の趣味なクルマが集まった
  • YouTubeでクルマの普段使いスタイルガイドを発信している「CAR CITY GUIDE(CCG)」のワークショップも人気だった
  • イラストレーター遠藤イヅル氏もイラスト製作などで若者たちのカーライフを応援する
  • シボレー「C5コルベット」やマセラティ「ギブリ」、VW「ゴルフGTI」といった車歴をもつ甲野大輔さんの愛車はホンダS2000。長く乗り続けることを目標にしている
  • 免許取得後7年乗ったシトロエンBXから、このBX TZに乗り換えて4年目という本田浩隆さん、サイズ感、乗り心地、デザイン、全てがお気に入りだという
  • 横浜赤レンガ倉庫の広場に105台の趣味なクルマが集まった
  • 今回のイベントの発起人である後藤和樹さんの愛車は1983年式のいすゞ ピアッツァXE。ジウジアーロのデザインに惚れ込んでいる

「YOKOHAMA CAR SESSION~若者たちのカーライフ~」が初開催

2024年3月20日(日)に神奈川県の横浜赤レンガ倉庫で「YOKOHAMA CAR SESSION~若者たちのカーライフ~」というイベントが初開催。35歳以下のクルマ好きたちがクルマの国籍も年式も問わず集まり、色とりどりの1日限定自動車博物館となりました。主催した3人の20代の若者が、どうやってこのイベントを実現したのか、聞いてみました。

人生初の愛車にピアッツァを選び、同世代のクルマ仲間と巡り会う

観光客が行き交う、港町横浜のランドマークともいえる横浜赤レンガ倉庫。その広場には、色とりどりのクルマたちが集まっている。国籍はもちろん年式やメーカーもさまざまな105台が整列した広場で、「晴れて良かった!」と満面の笑顔を見せたのは、このイベント「YOKOHAMA CAR SESSION~若者たちのカーライフ~」を主催者のひとり後藤和樹さん(26歳)だ。

ジウジアーロのデザインが織りなす美しくも機能的なデザインに惚れ込み、社会人1年目に人生初の愛車としていすゞ「ピアッツァ」を選んだという後藤さん。それからはさまざまなクルマイベントを楽しむなかで、たくさんのクルマ仲間が増えていき、シトロエン「BX」のオーナー、本田浩隆さん(29歳)と、この日ホンダ「S2000」を持ち込んだ甲野大輔さん(27歳)という同世代のクルマ好きと出会い、彼ら2人との交友は刺激になったという。

「学生時代からクルマ趣味を楽しんでいた2人と一緒に遊ぶことが多くなってくると、ああ出遅れてるなオレって感じがありました(笑)」

横浜育ちの20代トリオが横浜赤レンガ倉庫でイベントを企画

クルマ遊びを始めたタイミングが少し遅かったという後藤さんに対し、前に所有していたBXから数えると11年間BXひと筋の本田さんはメカニズムにも精通し、愛車の不具合はほぼ自身で手を入れて、素晴らしいコンディションを保っている。また、大学の自動車部出身という甲野さんは12台にわたる華麗な愛車遍歴もさることながら、すでに別のイベントの主催者としても積極的にクルマ趣味を楽しんでいた。

「自分も若さを利用して仲間たちと楽しめるイベントを作りたいと思うようになった時に、地元横浜の赤レンガでイベントやらない? って甲野に話したんですよ」

と後藤さん。甲野さんは当初は「やれたらいいね」と返答したそうだが、いつしか「こいつ本気だ!」と感じるようになったという。そこに本田さんも加わり「やるか!」になった。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS