クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • Z世代が「ロードスターカップ」に2年目の挑戦! NB乗りが借り物NDで奮闘するも、やっぱり本番には弱いようで…
SPORT
share:

Z世代が「ロードスターカップ」に2年目の挑戦! NB乗りが借り物NDで奮闘するも、やっぱり本番には弱いようで…

投稿日:

TEXT: 西川昇吾(NISHIKAWA Shogo)  PHOTO: 小瀬広明 (KOSE Hiroaki)

  • 筆者の愛車はNBロードスター
  • 丹羽英司選手からNDロードスターを借りて、ロードスターカップの1.5チャレンジクラスにエントリー
  • ロードスターカップの車検風景
  • 冬の時期も練習走行を重ね、今シーズンに備えてきた
  • 予選では最後の計測ラップで2分15秒264を記録して、予選クラス6位となった
  • 自己最高位からスタートすることになった決勝
  • 昨シーズンよりも速くなっているという自信はあったという筆者
  • これまでスタートダッシュに課題があったが、今回のスタートは無難に終えられた
  • レース序盤はポジションアップの機会をうかがいながら走行
  • 集中力を切らし、結局去年の最終戦と同じゴール直前で9位になってしまった
  • 予選ではクラス6位と過去最高のポジションに付けることができた
  • レース経験の多い153号車成井選手に駆け引きで負けてしまい7位にポジションを落とすことに
  • 2024年4月14日(日)に富士スピードウェイで開催されたロードスターカップ開幕戦

2024年のロードスターカップはフル参戦、目指せポディウム!

2023年に「ロードスターカップ」で公式レースデビューを果たした20代自動車ライターの筆者。昨年はスポットでの参戦でしたが、2024年はシーズンを通してフル参戦することを決めました。今シーズンの目標はズバリ表彰台獲得! 昨年より進化することはできたのか、開幕戦の様子をレポートします。

この日はなんと1日3レースのタイトな日程

2023年シーズンに続いて2024年も、スーパー耐久で65号車「odula TONE 制動屋ロードスター」をドライブし、自身もNIWA RACINGとしてチームを作りマツ耐(マツダファン・エンデュランス)参戦などを行っている丹羽英司選手からND型マツダ「ロードスター」を借りて、「ロードスターカップ」の1.5チャレンジクラスにエントリー。冬の時期も練習走行を重ね、今シーズンに備えてきた。昨シーズンよりも速くなっているという自信はあった。

2024年4月14日(日)に行われた今回の開幕戦は、これまでと違うこともある。昨シーズン2回のスポット参戦はスーパー耐久の前座であったが、今回は富士チャンピオンレースシリーズだけでの開催なので、ピットが使用できるのがまずひとつ。

そして同日に開催されたロータス カップ ジャパンにも参戦することになったので、筆者個人としては1日のスケジュールがとてもタイトであった。ロードスターカップは1レースだが、ロータス カップ ジャパンは2レースもあり、1日で3レース(!)もある。非常にありがたく嬉しい機会だが、正直体力が心配だ。

ロータスに比べると余裕あり!? 予選での感触は上々

こうして迎えた予選は、ロータス カップ ジャパンの10分後にコースオープンというスケジュール。ロータス「エリーゼ」から転がるように降りて、ロードスターのピットまで足で走る。今回サポートしてくれた方に、タイヤの内圧だけ確認してコースへと出た。

ロータス カップ ジャパンに一緒に参戦しているモータージャーナリストの先輩である佐藤久美さんから、「インラップから全開で行かないとタイヤ暖まらないし、時間がもったいないでしょ!」とロータスの練習走行で教えてもらったのを思い出して、インラップからハイペースで走行した。動きがシャープで速いロータスに比べると、ロードスターはゆったりしていて、計測を始めるころにはだいぶ余裕を持って動きをコントロールできるようになった感触があった。

まず計測1周目で2分16秒フラットを記録し、前後の間隔を調整して再度、複数アタックをかける。最後の計測ラップで2分15秒264を記録して、予選クラス6位となった。自己ベストタイム更新とはいかなかったが、予選では過去最高のポジションに付けることができた。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS