クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 10年目にして一新! マツダ「ロードスター」は事実上のモデルチェンジ!? ドライビングファンは現代版ロータス「エラン」でした
CAR
share:

10年目にして一新! マツダ「ロードスター」は事実上のモデルチェンジ!? ドライビングファンは現代版ロータス「エラン」でした

投稿日:

TEXT: 西川 淳(NISHIKAWA Jun)  PHOTO: 柳田由人(YANAGIDA Yoshito)

  • MTモデルにはサーキット走行に最適化させたDSCの制御モード(DSC-TRACK)を追加設定
  • 歴代モデルの“円形+楕円”モチーフをより鮮明に表現したというテールランプを採用。ホイールデザインも軽やかさと機能美を表現した意匠に変更されている
  • 全グレードに6速MTを用意。RS、ソフトトップのSとNR-Aは6速MTのみとなる
  • フレームレス構造の8.8インチセンターディスプレイを新採用
  • ソフトトップモデルに搭載される1.5Lエンジンは、国内ハイオクガソリンに合わせたセッティングを施すことで効率化が図られた
  • リトラクタブルハードトップを備えたRFもラインアップ
  • RFにはブラックメタリック塗装のホイールが備わる
  • RFには最高出力184ps/最大トルク205Nmを発生する2Lエンジンを搭載する
  • レーダークルーズコントロールやブレーキ・サポートをはじめとした、先進安全技術を採用する
  • ステアリングシステムも変更。ステアリングラックの摩擦を低減しつつモーターアシスト制御ロジックをより緻密にすることで、自然ですっきりとしたフィードバック感を実現したという
  • デイタイムライニングランプを備えた、新デザインのヘッドライト
  • 車両の旋回挙動を安定させる新開発のアシンメトリックLSDをS以外のMTモデルに装着

10年目にして電子プラットフォームを刷新

登場から10年目にして、電子プラットフォームを刷新したマツダ「ロードスター」。ヘッドライトのデザイン変更を筆頭に、モダンな大型モニターを採用、さらにはアシンメトリックLSDの新搭載(上級グレード)や電動パワーステアリングのシステム変更など、さまざまな改良が行われました。それにより、さらに「ロードスター」らしい走りの楽しさを高めています。

異例のマイナーチェンジに踏み切った

「NDロードスター」がデビューしてから早10年が経とうとしている。スポーツモデルの長寿化が珍しくない昨今、10年のモデルライフと聞いて昔ほど“長い!”とは思わなくなった。とはいえ、先代「NCロードスター」がちょうど10年間作られたものだから、NDにも“そろそろ感”が漂っていたのは事実。特別仕様車「990S」の登場などは、半ばファイナルバージョン的な受け止められ方をしたものだった。

ところが2023年、マイナーチェンジと呼んでも差し支えないほど大きな改良を受けたから皆驚いた。このタイミングでの大変更は異例のことだといっていい。要するにマツダはNDロードスターをもうしばらく造ると宣言したに等しい。次世代(NEになる? 暗示的だなぁ〜)はまだまだ先だよ、と。

おそらく次世代では環境性能への要求も待ったなしとなる。今モデルチェンジするとなれば、大きめのバッテリーと電気モーターを積むとか、安全装備を充実させるなど、何にしても重量増は避けられない。けれども、ロードスターの命は軽さだ。とても苦しい決断を迫られる。ならば軽さで成功したNDの魅力を損なわない範囲でなんとか作り続け、(エンジンなりバッテリーなりの)技術的なブレークスルーを可能な限り待とうではないか。そのために異例のマイナーチェンジに踏み切ったというわけだ。

運転支援やハッキング防止といった電子面での最新レギュレーションに適合させようと、電子プラットフォームをそっくり入れ替えている。これが今回のマイナーチェンジ最大のポイント。

これまでの常識で言えばプラットフォーム変更を伴えば立派なフルモデルチェンジであった。今や物理的なプラットフォームと同様に重要な位置付けとなった電子プラットフォームをそっくり入れ替えるとなれば、事実上のモデルチェンジに等しい。マツダも随分と思い切ったもの。

思い切りついでに、これまで我慢していたことも一気に採り入れたようだ。“そろそろ換えてみない?”という声も多かったというヘッドライトのデザイン変更を筆頭に、モダンな大型モニターを採用、さらにはアシンメトリックLSDの新搭載(上級グレード)や電動パワーステアリングのシステム変更(モーターや取り付け位置)は上級グレードのダイナミクス向上に大きく寄与している。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS