クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 彼女のマツダ「ロードスター」は男勝りのオバフェン!18インチを生アシでセットする勇気に称賛です
CUSTOM
share:

彼女のマツダ「ロードスター」は男勝りのオバフェン!18インチを生アシでセットする勇気に称賛です

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔

  • フロントタイヤ。ロードスターのスラムドカスタムにはあまり装着例のない18インチホイールを装着
  • リアタイヤ。斜めからではスポークが見えないほど、深いリムとなっている
  • GTウイングはPANDEMをチョイス
  • オープンカーゆえにインテリアのカラーチョイスも大きなポイントとなる
  • GOODGUNのフルバケットシートのホワイト/ブラックを使用
  • インテリアもボディカラーに合わせてコーディネート
  • フロントグリルが笑ってるみたいで可愛いというマリナさん
  • 前後左右にPANDEMのワイドフェンダーを装着
  • 「ロドリゲス」と名付けて溺愛している
  • 足まわりに特化したイベント「FIXWELL」に参加したマツダ ロードスター
  • フロントグリルが笑ってるみたいで可愛いというマリナさん

パンデムのワイドボディを乗りこなす

2023年11月5日にアイメッセ山梨で足まわりに特化したイベント「FIXWELL」が開催され、日本全国からスタンス自慢の車両が集まった。今回はワイドボディキットを装着し、内外装を白でコーディネートしたマツダ「ロードスター」を紹介しよう。

部分ごとに異なるブランドのエアロをチョイス

オーナーのマリナさんに話を伺うと、以前はトヨタ「パッソ」に乗っていたという。スポーツカーはもちろん、あまりクルマに興味がなかったそうだが、このロードスターと出会ったことで、一気にクルマ好きになったそうだ。今では「ロドリゲス」と名付けて溺愛している彼女のロードスターを見ていこう。

外装は前後左右にPANDEMのワイドフェンダーを装着した上で、フロントのリップスポイラーとリアのアンダースポイラーはあえてシンプルなマツダスピード用をチョイス。さらにGTウイングはPANDEMを組み合わせている。市販のキットを丸ごと装着するのではなく、パーツごとに好みのアイテムを選択することで、マリナさんだけの「ロドリゲス」となっているのだ。

ちなみにホワイトのボディカラーに対して、フロントのリップスポイラーとリアのアンダースポイラー、そしてGTウイングの翼面はミラーとともにブラックとすることで、アクセントとなっている。

気になる足まわりは、エアサスではなくなんとナマ足。しかもロードスターのスラムドカスタムにはあまり装着例のない18インチホイールを装着しているのだ。しかもちょっと斜めからではスポークが見えないほど、深いリムとなっている。

車高調はCUSCO製をチョイスし、アーム類の加工などをすることで、理想のキャンバー角となっている。装着するホイールはWORKマイスターS1で、フロント18×11J-20、リア18×12J-30という極太&極深リムをチョイス。ストロークするとリムエッジがギリギリフェンダー内側に収まる絶妙なオフセットとなっている。

ボディカラーに合わせてコーディネート

オープンカーゆえにインテリアのカラーチョイスも大きなポイントとなる。マリナさんは、GOODGUNのフルバケットシートのニューカラーとなるホワイト/ブラックがリリースされたため、即購入したそうだ。タイトなコックピットがさらにスパルタンになるが、マリナさんにとっては乗りやすいそうだ。

ちなみにこれほど男前なカスタムが施されているが、マリナさんのお気に入りポイントを聞いてみた。

「NDロードスターって、フロントグリルが笑ってるみたいで可愛いんですよね。私にはこのクルマはやっぱり可愛い『ロドリゲス』なんですよ」

すべて表示

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS