クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • いまや貴重なマツダ「ランティス タイプR」を純正ルックでキープ! V6エンジンを搭載し「今まで乗ったクルマの中で一番疲れません…燃費は悪いです」
CLASSIC
share:

いまや貴重なマツダ「ランティス タイプR」を純正ルックでキープ! V6エンジンを搭載し「今まで乗ったクルマの中で一番疲れません…燃費は悪いです」

投稿日:

TEXT: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)  PHOTO: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)

  • 1993年式のマツダのランティス タイプRとオーナーの“KATOOZUM”さん
  • マツダ ランティス タイプR:“KATOOZUM”さんのランティスはクーペボディだが、セダンも存在していた
  • マツダ ランティス タイプR:ホイールはOZのラリーレーシングを装着する
  • マツダ ランティス タイプR:純正のリアスポイラーは購入時から装着されていた
  • マツダ ランティス タイプR:ステアリングはモモのヴェローチェに交換。ピタっと吸い付くようなフィット感があるという
  • マツダ ランティス タイプR:デフィの水温メーターが追加されている
  • マツダ ランティス タイプR:純正のシートなどノーマル状態を維持するインテリア
  • マツダ ランティス タイプR:新車当時は、人気車とはいえない存在だった
  • マツダ ランティス タイプR:エンジンは2LながらV6となっている
  • マツダ ランティス タイプR:現在、ランティスは登録車数が1000台を切っているようだ

純正ルックでまとめたランティスを紹介

1993年にデビューしたマツダ「ランティス」は「ファミリア」と同じクラスながら、個性的なフォルムと十分な居住空間を両立したうえで、優れたシャシー性能や高い安全性能まで追求したクルマでした。そんなランティスは、最上級グレードとして「タイプR」を設定。今回紹介するのは、タイプRを純正ルックでまとめている“KATOOZUM”さんの愛車です。

ミーティングで興味を持ち、ランティスを購入

2024年4月20日、さがみ湖リゾートプレジャーフォレストの駐車場で「第15回自美研ミーティング」が開催された。マツダ「ランティス」の2L V6エンジンを搭載した「タイプR」でイベントに参加していたのは、“KATOOZUM”さんだ。

このクルマの前に所有していたマツダ「キャロル」でマツダ5チャンネルミーティングに参加した際にランティスを見て興味をひかれ、2023年2月に購入した。

ちなみにマツダ5チャンネルミーティングの5チャンネルとは、マツダが1980年代後半から1990年代中盤まで展開していた販売網のことで、マツダ店、アンフィニ店、ユーノス店、オートザム店、オートラマ店と5つのチャンネルを展開していた。ランティスはマツダ店と他2店で販売されていた。

「もともとランティスにはあまり興味がなかったのですが、ミーティングで実際に見たらカッコいいしV6エンジンの排気音もすごく良くて、それからいつかは乗りたいなと思っていました。なかなか個体が市場に出ずちょっと厳しいかなと思っていたら、ポッと出て購入しました」

今まで乗ったクルマの中で一番疲れない

念願のランティスを手に入れた“KATOOZUM”さんだが、実際にオーナーとなり運転した感想はどんなものだったのだろうか。

「楽しいですね。僕は長距離を走ることが多くて、2023年は広島に4回ぐらい行ったんですけど、今まで乗ったクルマの中で一番疲れないというか、高速道路を走行していても安定するというか。燃費の悪さだけ目をつぶれば、走りは本当に楽しくて満足しています。燃費は高速道路の走行時に一番良かったときで12km/L、通勤時は5km/Lくらいですね。エンジンはヒューンと上まで回って、気持ちいいんですけどね」

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS